2012年11月22日

寅さんDVDマガジン




121122.jpg



こんなもんが2年前から出ていたとは知らんかった…いま店頭にあるのはVol.49で、48作で途切れたあとの、リリーと沖縄に行くやつのリメイク版。これはまったく迂闊だった。全48作、何度も観ているけど、いろいろ付録もついているし隔週でコツコツ買うんだったらぜんぶ手元にあっても良いと思う。いまからバックナンバー揃えるのはちょっとしんどいよのー。http://toramaga.jp





posted by at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画を観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

Celebration Day




2012-10-01 1.15.29.jpg



あの、あの、あの2007年のO2アリーナのライブが映画になる!!!あのときには世界中ずいぶん盛り上がって、ライブが終るや否やどんどんYouTubeに映像が上がってきて、かたっぱしから落としたものだった。ツアーやニューアルバムも全世界が夢見ていたけど、結局あれっきりだった。



あのときのライブの音源はかなり出回っていて何種類も聴いたが、やはりオフィシャルで聴きたい。しかも映画館でやるとなると、万難を排して行かなければいけない!10/17、18の二日間、世界1500の映画館で公開するそうだ。日本での公開はTOHOシネマズで行われる。広島の場合は緑井にTOHOがあり、しかも10月17日は自分は定休日なのでなんの障害もなく観に行ける!やっぱ持っとるわ〜。今日の0時にチケットが売りだされたのでさっそく購入。同じように気の早いオタクな人たちがすでに何名もいたが、一番よさそうな席をゲットできました。



さて、欲を言えば、映画館中が熱狂して大騒ぎになるとものすごく盛り上がると思うが、日本では無理だろうな〜。これまで相当たくさんのライブに行ったけど、1995年か96年ごろにKISSの再結成ツアーがサンプラザに来たときに米軍の若い奴らが大勢押しかけてきたことがあって、あのときの盛り上がり方は日本国内のコンサートとしては異常な雰囲気で、ものすごかった。ああいう雰囲気の中で観たいものです。





posted by at 01:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画を観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月11日

宇宙人ポール




これ、おもしろいですよ。終りかたもよい。クリステン・ウィグさんも好み。1/13まではサロンシネマ、1/14からは八丁座でやるそうです。





posted by at 21:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画を観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

20th Century Boy


100225.jpeg 1002252.jpg

宣伝で流れる気持ち悪い空気感が気になって、20世紀少年を見てみた。

伏線をあまり回収せずやりっぱなしで投げていく感じや、いろいろなネタをたくさん知っていれば知っているほど細かいところまで楽しめるところ、カイルマクラクランは日本人に置き換えれば唐沢寿明であること、これらはどう考えてもツインピークスだ。ツインピークスの小ネタ知識は日本人には限界があったけど、20世紀少年のほうの小ネタは日本の漫画の歴史に対するリスペクトみたいなものを中心に、自分かもう少し上の世代ならだれでも知っているようなものばかりだ。

さらに、出だしは快調で気持ち悪い得体のしれない空気感を出しているのに、途中から現実感が希薄になってどんどん収拾がつかずダメダメになるあたりは、リング、らせん、ループ。

と感じたのでググってみると、同じことを感じてるヤツが大勢いてげんなりしてしまった。今度ヒマがあったらネカフェで原作も読んでみようか、その価値があるのか。

それにしてもこの友達党、民主党そっくり。先に挙げたようなこの物語の性格からして、この部分になんの意味も込められてないということは考えにくい。現実の民主党については、ゴキブリホイホイの仕込みや日本が正常化するにはもう少しのあいだ耐え忍ぶ必要がありそうだが、石井ピンさんはさすがにあそこまでいくとやりすぎ、民主党をひっくり返すために食い込んだスパイであることが疑われますな(笑)

posted by at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画を観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

This Is It

Michael Jackson

This is it.jpg

自分の場合、音の傾向があまり好みでないのでそこまでのファンであるとか強い思い入れがあるとかではないけど、あらためて彼のすごさを認識。リハーサルに向けて相当節制してきたのだろう。あまり思い入れのない自分でさえも、コンサートが実現していたらさぞかし素晴しかっただろうなと思ってしまう。

曲はおそらく誰もが知っている曲ばかりだと思われる。自分たちの世代の場合にはThrillerは完全に後追いだったけどやっぱり耳に残っているし、ガキだったころBadがメチャクチャ流行っていたため、そのあたりの曲はよく耳に残っている。I Just Can't Stop Loving Youとか、懐かしすぎる!Smooth Criminalが一番カッコいい。





さかのぼってJackson5時代のヒット曲になると、自分の場合は古き良きモータウンサウンドが大好きだし、そういえば以前ザイマさんとバンドをやっていたときにMama's Pearlをコピーしたのだった。ギター二人いたのでギターのパートと別にピアノのパートも強引にギターでやるべく耳コピした、思い出した。



posted by at 14:45| Comment(1) | TrackBack(0) | 映画を観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

疑惑

090121.jpg





テレビの放送内容は局を問わずほとんどすべて「バカ者向け」だと思っているのでどうでもいいのだが、こんどテレ朝で松本清張原作の「疑惑」をやるらしい。とんでもない性悪女が主人公の話で、その性悪女を沢口靖子さんが演じるそうだ。で、この「疑惑」、25年ぐらい前に野村芳太郎監督で撮られたときのものがかなりすごい。

岩下志麻さんが弁護士役、そして性悪女を演じた桃井かおりさんがとにかくすさまじく、これは一見の価値ありだ。沢口靖子さんに、あのすさまじい性悪さが演じられるのだろうか??
posted by at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画を観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

QUEEN Rock Montreal cine sound ver!

080917.jpg

1981年モントリオールでのライブの映像フィルムが残っていたのを,ブライアンメイがリマスターしたという話.たまたま近くの映画館でやっていたので見に行ってみた.チケットは通常の映画よりも少々高くなっているが,これは映画ではなくコンサートと同じ趣旨であり,音量はそこそこでかくてスタンディングもオッケーとのこと.宣伝が少なく,残念ながら限られた館でしか上映していないようだ

1981年は全米No.1を2曲ゲットした翌年で,もっとも勢いや人気のあったころ.70年代の曲もたくさんやる.フレディはやや太りはじめているが,85〜6年ごろほどではなく,まだまだ充分元気.映画の大きなスクリーンで大音量で見られるので,かなり迫力がある.これは本当に見てよかった!あらためて感じたけどQUEENの演奏は本当にうまい.ライブであれほどの演奏ができたバンドはないだろう.

リアルな大スクリーンで動いているフレディを見ているうちになんとも言えない気持ちになった.フレディが死んだときのことは今でも憶えているが,あれから17年も経ったとは信じられない.
posted by at 07:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画を観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月05日

Dirty Harry

071105.jpg

なぜか急に見たくなって,レンタルビデオ屋に行った.これまで何度も見ているけど,サンフランシスコの街並みの映りかたとか,音楽のカッコよさにあらためて気づいた.1971年当時はまだピラミッドがない.そういえばタワーリングインフェルノも,サンフランシスコが舞台だった.内容についてはどうこういう映画ではない(笑)
posted by at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画を観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月11日

DVD読んでくれん場合

あいにくウチではDVD専用プレーヤなるものを持っていなくて,プレステ2やMacでDVDを再生しているわけですが,これらパソコンやゲーム機はいづれもレンズが安物なのかウチのほこりのせいか知りませんが,比較的「読み込み不良」に陥ることが多いようです.はじめのうちはエラーが出るくらいなもので済んでいるものが何度かに一度しか認識しなくなり.そのうちまったく認識しなくなるともうお手上げな感じになってしまいます.そんなとき…

418KGWY88QL._AA280_.jpg

いままでいろいろ試した中では,エレコムのレンズクリーナが一番強力でした.ディスクを入れたはじめの数回転でとにかくちょっとずつでも汚れを落とすらしく,まったく認識しなくなった状態からしつこく出し入れを繰り返して,一度チュルッと認識してくれさえすればあとはしっかりクリーニングしてくれる,いままでウチではディスクを認識しなくなった状態からの復活率は100%です.困っている人にはおすすめです.
posted by at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画を観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月17日

さらば友よ

11456002121555419.jpg

これは有名な映画なのになかなかみつからなくてもう10年以上も見れずにいて,ずいぶん以前BSかなんかで放送されていたのに見逃してしまった。ところが今日近所のビデオ屋にあるのをみつけてしまい,さっそく見た。ぼく的にはあらゆる男のなかでチャールズブロンソンがいちばんかっこよく,男としてはこんな感じになりたい。

charles_bronson.jpg

かなり遅咲きの苦労人で,荒野の七人で薪を割ったり,大脱走で穴を掘っていたときにはとっくに40歳すぎていた。そして60歳近いころでもこの身体↓↓

039_67274.jpg imageStreetfighter2.gif

大物なのに仕事を選ばなくて,ようわからんくだらない映画にたくさん出演しているが,いい映画にもたくさん出ている。ストリートファイターバラチDeath Wish(狼よさらば)メカニック,などは独特のテンションですごくおもしろいし,Los Angels(Death WishU)ではジミーペイジが音楽を担当していてこれがかなりカッコいい。

いつまでも太く長生きして絶対死ないだろうと思っていたが,80歳すぎてこのあいだとうとう死んでしまった…。

ついでに奥さんのジル↓↓

7077.jpg ireland_2.jpg
posted by at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画を観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

es

こんなに後味の悪ーい映画を見たのはヒサビサだ。



心理学上の有名な実験に,’監獄実験’というものがあるそうだ。任意に集まった被験者を看守と囚人にわけ,それぞれの役割に徹してもらう。この実験により,人格がどのように変化していくのか??

そもそもの目的は,ナチスがなぜあのような残虐行為に及んだか,を解明するためらしい。善良なはずの市民が,どうやって残虐な行為に及ぶにいたるか?この映画の元話は,1971年にスタンフォード大学で行われた監獄実験だそうだ。このとき2週間の予定だったが,あまりにも危険な状態になったため,1週間で中止になったそうだ。この映画はそのときの実話を元にしている。

しかし,映画が進んでいくにつれて驚きの連続。見ている方の人格も,すっかり怯えものになっていくような気がする。こんな胸クソの悪くなる映画は滅多にないが,一見の価値はある!レンタルに必ずあるから見てみよう!

[:マル秘:]見るつもりのある人は要注意!!!!
↓以下の文章は,ネタバレを含んでいます。必ず映画を見てから読みましょう。続きを読む
posted by at 22:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画を観る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。