2014年03月11日

続ストラト




2031.jpg



さっそくヘンタイ配線の具合をたしかめてみたところ、トーン1はフロントのトーン、トーン2はミドルのトーン、とここまではふつう通り。プッシュプルポットについては、トーン1を引っ張るとハーフトーンのポジションでそれぞれフェイズアウトになり、トーン2を引っ張るとフロントとリアのポジションでシリーズハムバッカーになるようだ。

すなわち、

・トーン1プッシュ、トーン2プッシュでは
フロント、フロントとミドルのパラレル、ミドル、ミドルとリアのパラレル、リア

・トーン1プル、トーン2プッシュでは
フロント、フロントとミドルのパラレルフェイズアウト、ミドル、ミドルとリアのパラレルフェイズアウト、リア

・トーン1プッシュ、トーン2プルでは
フロントとミドルのシリーズ、ミドル、ミドル、ミドル、ミドルとリアのシリーズ

・トーン1プル、トーン2プルでは
フロントとミドルのシリーズフェイズアウト、ミドル、ミドル、ミドル、ミドルとリアのシリーズフェイズアウト

当時なにを思ってこんな配線にしたのかわからないが、ストラトはストラトの音がすればいいのだから、今にしてみるとあまり意味がないような気がする。





posted by at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月10日

ストラト




1779864_595487893863561_1686365553_n.jpg



ナイルロジャースからの流れで、実家からストラトを持ってきた。もともとはエリッククラプトンモデルで、20年ぐらい前の円高のときに2000ドルを17万ぐらいで買ったように思う。レースセンサー+アクティブ回路だったものを、テキサススペシャルに交換してパッシブに戻してある。その際、アクティブ回路においてはボリュームポットの値が小さいので、単にアクティブ回路を除いただけではペラペラの音になってしまう、ということを後で知り、修正したはず。その修正したときになにやら変な回路を仕込んだらしくトーンポット2つがプッシュプルになっているけど、アンプに繋いでみないとよくわからない。手荒れで数年弾かないうちにとにかく下手になっているので、少しずつ練習して戻さないと。





posted by at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

SONY MDR-XB30EX




31dcIme25iL._AA300_.jpg



安いパナのイヤホンは意外と丈夫で、1年5ヶ月経ってだいぶ線がちぎれそうにはなっているけどまだ大丈夫。しかしそろそろには違いなく、こんどはソニーにしてみた。上記アマゾンのレビューではいろいろ書いてあるが、「重低音重視」ということでやはり嘘の低音である。そこまで質の悪い低音ではないが、いかんせん量が多すぎる。まあ走ったりしていると外の音で低音が聴こえにくくなるので、このぐらいの嘘の低音のほうが逆にいいかもしれない。中音高音あたりはそんなに悪くない。前のパナのような安イヤホンっぽさはない。しばらくエージングしてみるべし。




posted by at 22:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

2014グラミー賞




フェイスブックで先輩のポストで知ったのだが、ダフトパンクの演奏が超カッコよかった!ボーカルの人はあまり知らないけど、バンドがナイルロジャース、ネイサンイースト、オマーハキムにスティービーワンダー!Get Luckyではじまり、ダフトパンクの二人が後ろのレコーディングブースに現れて、そこからLe Freakの掛け声をはさんで、最後はAnother Starと素晴しすぎる名曲メドレー。バンドのノリが強力でメチャクチャ気持ちよくてカッコいい。感動的!観てるいろんな人たちも気持ちよさそう。



YouTubeにアップされたものは次々消されているけど、ここなら観られるはずです↓↓






posted by at 18:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月27日

ギター




手がほとんど治ったのでギターでも弾こうと思ったが、乾燥肌すぎてピックが滑って弾けない。サムピックならいけるかと思ったが、これもよろしくない感じ。それでふらっと楽器屋に立ち寄ったところ、滑りにくそうな素材のものがあったので買ってみた。ギターをはじめて26年、ピックはティアドロップしか使ったことなく、ここ15年ぐらいはジミーペイジ仕様のヘルコのナイロンのやつを使っていた。しかしここで初のオニギリ型。滑っても三面弾けそうなので…。



IMG_1930.jpg



これは滑りにくくていい感じだった。それにしても、ブランクでぜんぜん弾けない。左手がヤバいだろうと思いきや、右手もぜんぜんダメ。左手は仕事しなくてもよいミュートカッティングをしても気持ちよくないし変なところが疲れる。これはダメですね。でも健太郎に聴かせると喜びます。



IMG_1919.jpg




posted by at 18:42| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

ハービーハンコック、ポール




201104060004_b.jpg m_visual.jpg



11月にハービーハンコックが広島に来るのと、ポールが来日する。これはもう二人とも最後に近いだろうから行きたいけど…。



ハービーハンコックの方は、グリーンアリーナが満杯に埋まるのだろうか?非常に心配だ。今回はアコピだけでなく、ヘッドハンターズやヒップホップぽい曲もやるに違いないが、広島の聴衆は曲を知らないだろうから反応薄だろう。



ポールの方は、1993年に観逃したら、リンダが死んでしまって2002年になってやっと観れた。轟音のHello Goodbyeではじまってカッコよかったけど、まだ本調子という感じではなかった。あのとき以来ということか。確実にじいさんになってはいるが、新しい奥さんがいいのか声の調子はだいぶよさそうである。




posted by at 19:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月24日

Wings Over America

Paul McCartney and Wings



719+hhz1gRL._AA1417_.jpg



長年聴いてきたこのアルバム。内容はメチャクチャいいけど音はメチャクチャ悪い。こんなにいいアルバムなのになぜか初期のCDの音のまま、16ビットフルに活かしていないショボイ音のままで手付かずで取り残されていたが、やっと、やっと、リマスター版が発売されるようだ!これは即買いでしょう。5月末発売のようです。





posted by at 11:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

Without A Net




3月にWayne Shorterじいさんが来日してたらしい。80歳だからもう次は見れないだろうな…。忙しくしてたら日常の繰り返し以外のことにまったく疎くなってしまっている。そもそも音楽とか、この手のことについては広島に居たのではどうしようもない、つくばに住んでいたらちょっと出かけることも可能だけど。



2013-04-13 0.16.17.jpg



そのじいさん、80歳だけど新譜が出た。何年か前に出た例の2枚と同じメンバーで、これまたすごいライブだ。1曲目からOrbitsとか、曲の原形をとどめてないけど、かっこいい!



71q+DYpc2jL._AA1500_.jpg





posted by at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月14日

雨の降る朝は




いっそビルエバンスでも聴いてどっぷり沈み込むのが心地よい。このへんの…

121114.jpg 1211142.jpg





posted by at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

キター!




121105.JPG



先月にはDonald FagenとKissもキタ。KissとAerosmithの新譜とか、まるで70年代みたい。どちらもじいさんだから勢いには欠けるけど、生きて動いてくれているのはありがたいことだ。



posted by at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月16日

Mac mini




お金がないから難しいけど、Mac miniがリビングにあるとかなりスッキリすることに気づいた。テレビをモニター代わりにして、最初の設定のときだけキーボードをつなぎ、ふだんはテーブルにタッチパッドをひとつ置いておくだけでよい。これメチャ小さくて20センチ角ですよ。これでiTunesをコントロールしたり、いろいろできる。どっかに安い中古ないかな〜〜。



121016.png





posted by at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月06日

快適な暮らしをめざしたい




こんど引っ越ししたら、音響関係をきちんと整理しなければ。忙しくてその場しのぎにしていたが、配線もすっきりまとめてどの音源もちゃんと再生できるようにしよう。



で、長年大事に愛用してきたP-610はそろそろ引退させてあげようと思う。長年*使用頻度からいって、うちのP-610は国内でも有数の使用時間に達しているはず。コーンがただの紙だから不安だし、耐入力も少ないのでいつぶっ飛ぶかわからない。そっと箱から取り出して大事に飾っておこう。



それの代わりとして、店で外向きにしている685か、自分専用にしているCM1を考えたが、CM5に決めた。805はちょっと手が出んけど、やっぱふつうの家庭では16センチぐらいがちょうどいい大きさだ。



B-W-CM5-Merisier_P_600.jpg








posted by at 01:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

補修部品




長年愛用しているSONYのMDR-CD900ST

31kGZ4K3t7L._AA280_.jpg



イヤーパッドのところがボロボロになって困っていたところ、どこで教えてもらったんだったか?たしかブログのどこかだと思うけど忘れてしまったのだが、補修部品があるとのことでして。



こんなボロボロだったんすよ。

IMG_1399.JPG



これが新品のパッドで

IMG_1398.jpg



いやーバッチリすぎ。LRセットで1500円ぐらいでした。このヘッドホン、相当酷使してるけどさすがプロ用で丈夫です。音も正確だし。

IMG_1402.JPG




posted by at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

イヤホンは消耗品




4年ほど前にパナソニックのやつを買ってからというもの、走るときに使ったりして酷使するので、すぐ断線してしまってほとんど1年ぐらいしか保たない。断線したのでもういちど同じRP-HJE300、また断線して、気に入っていた300が廃盤みたいになってしまったのでしかたなくRP-HJE250、また断線して今回は同じものだと芸がないのでRP-HJE150を買ってみた。



120903.jpg



グレードが下がるにつれて、線も本体も素材がチープになって寿命もちょっとずつ短い感じ。構造はほぼ同じで音の傾向もほとんど一緒だけど、やはり多少チープな音の方向ではある。とくに今回の150は最初に音出ししたときは昔のラジオのイヤホンのような音だったが、丸一日ピンクノイズを入れていたらだいぶマシになった。それにしても、もう少し断線しにくくならんもんかね。線さえ切れなければ最初のものをまだ使えているはず。




posted by at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月02日

Fender EC Series




EC_GalleryLarge_Family.jpg



いや〜これホンマにええです、欲しいです。6L6のTwinがいい。でもこれはどうやっても無理だ。以前リイシューのChampを持っていたけど、Laylaのアルバムのギラギラしたあの音だけど5Wでも爆音すぎて家では使えんし。残念ながらこれはどうしようもないですね。





posted by at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月29日

思わず…




いやはや…はよこんかな♪



120829.jpg




posted by at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月13日

Baba O' Riley ~ See Me, Feel Me ~ Listening To You ~ My Generation The Who




ロンドンオリンピックの閉会式を観ていたらいきなりThe Whoが出てきてびっくり。



120813.jpg 1208132.jpg



何曲もやったし、じいさんなかなかカッコえかったですわ。



それはそうと、いままでは日本のマスコミ方式で金メダル数で一喜一憂していたけど、今回のオリンピックはやたらと銀、銅が多いし、そうしたところどうやら外国のマスコミは、どこを見ても金銀銅の総メダル数でランキングをつけているようだ。世界のトップ3に入ったのであれば充分立派なことであるし、それがどの色になるかはときの運にもよる。なので金メダル方式より総メダル数方式の方がええですね。日本は6位ですばらしい。



2012-08-13 21.26.51.jpg




posted by at 22:15| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月01日

Dirty Work




ローリングストーンズはそこまで大好きでもないが、いちおう基本のようなものだし、バンドでコピーした関係もあり70年代まではそこそこ聴いている。しかし80年代以降は断片的にしか知らなかったので、とりあえずiPodに入れて聴くことにした。そんな感じでチャリ移動中にテキトーに聴いていると、突然ジミーペイジのギターソロが聴こえはじめた!意味不明だが、フレーズといい音色といい間違いない。帰って調べてみると、Dirty Workの1曲目のOne Hit (To The Body)でゲスト参加していたそうな。

51DLgYiQH7L.jpg



なにも意識せずに聴いている人にわずかなフレーズの断片のみで存在を示すとは、さすがジミーペイジ!!しかし、それをすぐに気付く自分も、なかなかのジミーペイジ愛といえるだろう。そういえばずっと以前にもラジオで、デイヴィッド・カヴァデールが歌っているな〜と思ったらいきなりジミーペイジらしきギターが聴こえてきて、さすがにその組み合わせはふざけている、ありえんだろう、と思っていたらカヴァーデイル・ペイジなるものが発売されていた、ということもあった。



ということで、北京ではなぜか呼ばれたのに、ふるさとのロンドンではぜんぜん声がかからなかったらしい、かわいそうなペイ爺(笑)

JimmyPage2.jpg





posted by at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

The End~Hey Jude Paul McCartney




201207280202.jpg 12072816410017-p1.jpg



見られないかなと思っていたが、ポールの出番はバッチリだった。The Endはポールが勝手に入れたのではなかろうか(笑)



それにしても、50年も第一線で活躍し続けて、70歳になって若いメンバーを引き連れて母国の代表として歌うとか、幸せな人だなあ。2002年のツアーで実物を見たときにくらべて、今のほうがしわくちゃになったけどずっと声が出ている。自分がリアルタイムで知っているのは後半の25年ぐらいでしかないけど、じいさんになっても新鮮さを失わず、いまだに新譜を聴きたいと思わせてくれる人はこの人ぐらいだ。まだまだ当分がんばってほしい。




posted by at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月21日

Live In Japan




61FPP6DATEL.jpg



ジョンロードさんが死んだらしいけど、あまり深い思い入れはない。ほんまは世界発売盤のMade In Japanのほうが正解なのかも知れないが、自分らにとって馴染みなのはこちらのジャケットのほうだ。



自分にとってはやっぱりZeppelinのほうがだんぜんカッコいいし、ディープパープルのほうは一歩引いて冷静に見てしまう感じ。とはいえ、レインボーまでひと通り聴いてはいるし、高一のころ組んでいたバンドではハイウェイスターをやった。でもやっぱ自分の感覚からするとカッコ悪い。Zeppelinとガチで比較されたりするのも日本ぐらいだし、ディープパープルを日本人がバンドでやると、ほとんどの場合オタクの自己満足のようになってしまい超カッコ悪いんですよね〜。





posted by at 00:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月12日

小さいミキサー買うた




ターンテーブルを接続するためにまずヤフオクで安いフォノEQをゲットした。



1207122.jpg



これまでうちではオーディオインターフェイスからパワーアンプ直結で音楽を聴いていたけど、入力を切り替えたりするのにどうしようかなと考えた。以前作ったプリアンプはトラブっていて今すぐには使えないし、まあ古いカセットMTRのミキサー部分を使ってもいいのだが、それだとでかいし、いろいろ便利だろうから安いミキサーを買ってプリアンプとして使うことにした。今どきのはオーディオインターフェイス付きだし、中国製で安いけどいちおうALLEN&HEATHだし、なかなか評判はよいみたいだ。



USBの入力はステレオ2に入るから、ステレオ1にターンテーブルと、あとはモノラル1と2をつぶしてCDプレーヤーを繋いでみてもいいかも。で、現時点ではハイインピーダンスのモノラル3にギターを繋いでこんな具合。GarageBandのイマイチしょぼいアンプシミュレータでも、この卓でちょこっと入力オーバーさせてから入れれば結構イケる音が出る!ブラウンサウンド!



120712.jpg





posted by at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月05日

Live Without A Net




ここのところなぜかVan Halenづいていて、仕事中ファーストアルバムから延々ループしている。自分が音楽を聴きはじめた中学生のころちょうど流行っていたのがWhy Can't This Be Loveで、それからさかのぼって1984、ダイバーダウン、、、それからリアルタイムでOU812、という感じだったのでやっぱり5150が一番好きなアルバムかも。



ちょうどそのころ、サミーへイガーが加入したころのこの1986年のライブはよく観た。いまではYouTubeでいけますな。すぐ消されるかもしれんけど。





Van Halenで一番好きなところは、今はもういないマイケルアンソニーのバックコーラス。このライブの1曲目のThere's Only One Way To Rockはサミーへイガーの持ち歌だけど、このVan Halenバージョンがカッコいい。マイケルアンソニーとエディのコーラスが気持ちいい。




posted by at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月04日

ターンテーブル




いつもお世話になっている方から、ターンテーブルを格安で譲ってもらった。うちでは自作アンプで音楽を聴いていて、ただのアンプ部分しかないのでアナログ盤を聴くためにはフォノEQがいる。自作しようと思っていたけど面倒くさいのでヤフオクで手ごろなのを落としてきた。あとは置き場所だがバカデカいのでこれが一番問題。



120704.JPG



そんなわけで数年がかりで徐々にアナログ盤を聴く体制が整いつつある。昔のコンポについていたチープなレコードプレイヤーはまだ捨てずに残してあったけど、今の時代に敢えてアナログレコードを聴くなら、やっぱちゃんとした装置で聴きたいですわ。




posted by at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月07日

HEARTのアンさん




先日、最近のアンさんの歌声を聴くことがあって、完全にビビってしまった。もちろん多少声は変わっているのだが、ものすごい声量で、キーは昔と同じだし、どっかの人みたいなごまかしも一切ないんですわ。自分は絶対音感はないはずだけど、キーが半音でも変わるとものすご気持ち悪い。



自分らガキが深夜のMTVで見てたのはこちらのアンさん36〜7歳。今となっては年下だし、かわいいですね。





こちらが今年のアンさん61歳。この声量!





80年代半ばにはすでにデブっていて、いまはほんとの巨体になってしまったけど、一般的にはナンシーさんの方が美人なんだろうけど、自分は断然アンさん派。20代の頃のアンさん見たらメチャクチャかわいいですよ。





2012年のバラクーダ。





2007年の移民の歌のカバー。もともとツェッペリンのカバーをたくさんやっていたバンドだが、このカバーは秀逸だと思う。





いや〜ホンマに歌がうまい。




posted by at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月14日

RIP Duck Dunn




120513.jpg



なんと、ドナルド・ダック・ダンが今朝がた東京で亡くなったらしい。この木金土とブルーノートでスティーブクロッパーとコンサートをやったばかりだったそうだ。いやーなんというか、しばらくはMG's三昧で…




posted by at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月20日

RIP Levon Helm




ランスのツイッターで知った、リヴォンヘルムが亡くなった。ガンであの声は出なくなっていたけど、まだ元気そうだったのに…



ということで元気なころの写真を。今日はThe Band三昧で。

levon.jpeg





posted by at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月18日

Marshallの素敵なアンプが出ている




先日ジムマーシャルさんがお亡くなりになったが、今年は50周年ということで素敵なアンプが出ている。60年代、70年代、80年代、90年代、2000年代の各時代のマーシャルアンプを模した1W出力のアンプだそうで、それぞれJTM1、JMP1、JCM1、DSL1、JVM1と名前もバッチリだ。ルックスも…

1960s-jtm1.jpg

MAR-JMP1-C.jpg

1980s-jcm1.jpg

1990s-dsl1.jpg

2000s-jvm1.jpg



欲しいのはJTMとJMPだけど、自分らの世代が練習スタジオとかで使っていたマーシャルアンプはやっぱりJCMですよね。プリ管をパワーアンプに使っているようだけど、音もなかなかうまく似せてますよ。1Wなら1ボリュームでもなんとか家で使える、か?








posted by at 22:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月11日

その場しのぎ




1004282.jpg



いつも手軽なゾウサンばかり弾いているので、たまにはちゃんとしたギターで弾こうと思ってレスポールを引っ張り出してみると、フロントPUの音が出ない。ちょっと面倒くさかったが裏ぶたを開けて配線をチェックしてみたら



120411.jpg



まあ我ながら呆れるほどの汚い配線。何度も配線をつなぎ変えて、そのたびにその場しのぎで数分でやりかえたような形跡がある。最後にいじったときにフロントをフェイズアウトの配線に変えて、フロントとリアのシールド線どおしが接触しないようにビニテでテキトーに絶縁していたものがダメになっているようだった。面倒くさいので位相をもとに戻して、今回も数分でテキトーに直しておいた。



やっぱレスポールは尻のほうから見るのがいちばんカッコエエですなあ。



1204112.JPG






posted by at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月04日

バッタもんのWネックが欲しい




やっぱツェッペリン、ジミーペイジを愛するものとしては、12弦のWネックは絶対に必要じゃないですか。ストラトやレスポール、ダンエレクトロは持ってるから、まあテレキャスは持ってないけど、あとWネックさえあればあの曲もこの曲も弾けて、九分九厘満足できるわけですよ。



これ、なかなかええんですよ。12弦側のヘッドは長いし、テールピースはちゃんと後ろについてて、ほぼ再現している。違うところはボリュームつまみとスイッチのつまみとナットの材質、あとはヘッドが無印なところぐらいです。

120404.jpg



ギブソンの通常ラインのWネックは40マンぐらいで、カスタムショップのジミーペイジのシグネイチャーモデルは数百マンするらしいんですが、このバッタもんギターはなんと12マン!でも日本製なのでそんなにひどい作りではないと思うんですよ。ピックアップを換えたらそれなりの音になるはずだし、ヘッドに「Gibson」のシールを貼ればほぼオッケーだと思うんですよね。いやーこれホンマに欲しいんですよね〜〜



posted by at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月21日

GarageBand




2012-03-21 10.49.12.jpg



Macにおまけで付いてるGarageBand。面倒くさそうなのでいまいち避けてたけど、ちょこちょこ触ってみるとめちゃくちゃ簡単なことが判明。ドラムパターンを適当に作って、ベースも入れる。ドラムパターン入れるのには、フリーのHydrogenというのが使いやすい。ネットに転がっているギターカラオケのデータをそのまま突っ込んでもいい。家用の古いDACはギター入力には向かないので、店用に買ったFast Trackと入れ替えっこしてギター入力もばっちり。ほかに何もいらない。これで、昔やりたかったようなことがタダで全部できてしまうわけですよ。



新しいバージョンにしてもしなくても自分の用途にはほとんど関係ないけど、たった1300円だというのでアップデートしておいた。iPhone用のGaragebandは450円で、こっちならではの機能もあるのでこれもゲット。歌心のあるやつなら、パソコンの前で楽器弾くだけでほとんどタダでなんでも作れてしまう。メチャ便利ですなあ。ギターアンプいらない。MBAとアンプがあるので蕎麦屋で独演会もじゅうぶん可能(笑)



posted by at 11:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月29日

DSDについて




MDの当時よりもだいぶマシになった、ということで、ここのところ音楽を聴くさいには、オーディオインターフェイス以降がそこそこきちんとしていさえすれば、PCにつっこんだMP3のVBR200kbps程度で充分だろう、という気分でいた。アナログのころの音の勢い、みたいなものは感じないけど、ノイズもないし、かさばらないし、便利便利、みたいな。



しかし先日、お世話になっているミュージシャンの方にDSDを教えてもらって、これはホンマにびっくりした。1ビットとかSACDとか言われてもなんにも関心がなかったけど、ぱっと聴いてすぐにわかるぐらいメチャクチャ音がいい!



順を追って説明すると、1年ほど前に縁あってマイルス等のアナログ盤の程度のいいものを、そのミュージシャンの方経由でいくつか入手していたのだが、これを1ビット5.6MHzで取り込み直してやるから王子様とスマイルズのLPを持って来いということになったわけである。当然のことながらデータサイズが半端なくでかいので、DVDにアルバム1枚ずつしか入らない(笑)



王子様

120229.jpg



スマイルズ

1202292.jpg



で、再生ソフトをインストールして、うちのDACがそこそこのものでしかないので再度44.1kHzに再変換して聴く必要があるのだが、これがもうぜんぜん音が違う!エコーの余韻の感じとかそういう細かい部分はもちろんとして、昔のアナログのグワッとした勢いのようなものも感じる。いやーすごい。ま、これはじつは昔のアナログ盤がいかにいい音だったかというのを再認識しているだけのことではある。いまのところはまだ音楽ソフト自体がまだまだという問題があるけど、今後どうなんでしょうかね。クラシックとかだとものすごく違いがわかると思うけど、一過性のポップスしか聴かない一般人にはぜんぜん必要のない世界、かもしれない。



posted by at 16:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

1991年のジョージとECのこと




ジョージの映画みていて、1991年にジョージがECバンドとともに広島にきたときのことを思い出した。



そのコンサートについては、どういういきさつか忘れたけどチケットを買わずに?買えずに?いたのだが、コンサートスタッフのアルバイトを募集していたのでそれに参加したのだった。基本的には力仕事で、ECバンドやジョージの機材を運ぶわけである。うまくことが運んで、スーツを着て広島駅でのお出迎え要員になった。新幹線から降り立ったECは顔が小さく間近で見てチョーかっこよかったが、ジョージは顏もデカくそのへんのオッサンという感じだった。リハの音などもたくさん聴けた。コンサートの最中は、ステージから10mほど離れたところで客席を監視する役。当然ながらずっとステージのほうを観ていた。ジョージの曲メインのコンサートながら、途中でクラプトンコーナーもあって、そのときの演奏はものすごく冴えてた記憶がある。



そのときの日本ツアーのライブアルバムがこれ。このジョージ復活コンサートは、けっきょく日本でしか行われなかった。

120118.jpg



posted by at 10:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月09日

2012年ここまでの音楽関連




今年に入ってすぐゲットしたものとしてはポリスのインサイド・アウト。ほんまにすごい映像で、はよ観りゃよかった。So lonelyはレゲエということであの名曲からコード進行を引っ張ってきたのに決まっているが、かっこよすぎてライブではこりゃ盛り上がるでしょう。と以前から思っていたけど、後ろから撮った映像ではそのへんの臨場感がすごい。スチュアートコープランドのノリがめちゃ気持ちいい。

120118.jpg



つぎはジョージの映画。クラプトンやパティも登場して赤裸々に語る。Isn't It A Pityの歌詞の合間にパティが語るところがなんともいえずハマっている。

1201182.jpg



posted by at 00:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月06日

2011年の音楽関連




ネタにしようと思っていたけど結局書かなかった分として、2011年に買った音楽関連。まずはJeff Beck。20年ぐらい前にロックンロールアルバムを出した、その続きみたいなやつ。これはよかった。まだ2回ぐらいしか見てないけど…

110223.jpg



つぎはSlyのウッドストック。後半のめちゃくちゃカッコいいメドレーは観たことがあったけど、コンプリート版がいまさら出た。なぜかStand!と抱き合わせになっていていらないのだが、1000円ぐらいなので安いことは安い。Everyday Peopleぐらいからすごい。めちゃくちゃカッコいい。

110528.jpeg



Bill EvansのMoon Beams、これはジャケ買いの類いだが内容はいうまでもなく最高。

124622_1_f.jpg



あーすっきりした。他にもいろいろ買ったけどネタにしようと思ったのはこれぐらいかな。



posted by at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

Aerosmith




来月、広島にきますね〜。だいぶまえに大阪と福岡では見たことがあって、前回7〜8年前に広島に来るはずだったときには、チケット持ってたけどスティーブンがケガしてキャンセルになりました。



st_2862_paris.jpg



そのスティーブンですが、昨日ぐらいに南米のホテルで転んで歯を数本折ったそうで…。なんとか無事に日本にたどり着いてくれるといいですね。御年63歳、じつはロバートプラントより学年がいっこ上でこの若さ!



posted by at 21:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月19日

古いiPod




古いiPodが出てきた!10GBと書いてあるが、タッチセンサーのやつだから第2世代だと思う。2002年ごろに買ったはずだ。


IMG_1138.JPG  IMG_1139.JPG


落としてハードディスクが壊れているのでまったく使えない。わずか9年前の製品で、当時買ったeMacは遅いながらも現役で音楽専用で使っているのに、iPodについては時代遅れ感がすごい。こんなにもでかくて機能もショボかったとは信じがたいものがある。ブロック崩しぐらいできたっけ?たしか熱もすごかったように記憶している。


フォントはもちろんChicagoだった。OSXに切り替わった当時にあえてChicago、というのがカッコえかったんですよね〜。同じネタ以前も書いてますね(笑)


Chicago.gif


posted by at 12:54| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

B&W685の天吊り設置について


先月銀猫さんに問い合わせをいただいた天吊りの件、うまく伝わるかどうかわかりませんが一応写真に撮ってみました。



写真1
100908.JPG



B&W685は7キロ程度しかありませんが、奥行きが長いため、取り付け角度によっては大きなモーメントがかかり、通常の天吊り金具では不安です。そこでオーディオテクニカのAT-BR90aという金具を使いました。これは鉛直下方向の荷重であれば20キロぐらいのスピーカに耐えられるような大きなサイズのもので、685の背面金具にも合います。



図1
1009082.jpg



上図1のような取り付けに対し、赤い部分のボルト一本(写真1のAのボルト)で固定される構造のため、非常に不安です。



図2
1009083.jpg



上図2のような大きな力がかかるため、Aボルトがすぐにナメて壊れそうです。



写真2
1009084.jpg



そこで上写真2のC金具にドリルで穴を開け、下からD板をあてがってゴツいボルトで締めました。写真1のBのボルトがそうです。D板は全然たわまないぐらいしっかりした厚みの板を使っています。これでおそらく大丈夫です。一応モーメントを考えて、音に影響のない範囲であまりスピーカを垂直に起こさないように下向きにセッティングしています。


posted by at 00:06| Comment(15) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月28日

442

1004282.jpg

ひさびさにギターを弾こうと思って、ぞーさんを手に取りPodにつないでチューニングして、音楽に合わせて弾いてみるとピッチが悪くてメチャクチャ気持ち悪い。ぞーさんはミニギターなので多少ピッチが悪いのはしかたがないけど、それにしても気持ち悪すぎる。iTunes狂ったか?

と思ってよくよくPodの設定を見ると、A=442Hzになっていた。そりゃ気持ち悪いはずだ。ちゃんと音叉を使うべきということだ。

posted by at 18:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

B&W 685 その後


ご無沙汰です。ちょっと煮詰まってます。

100305.JPG

685設置完了。天吊りにしたので低音がすっきりして、685の欠点と思われる過剰なボワボワ感が減少。

1003052.JPG

心配していた通り部屋のエコーは多いが、複雑な形状が幸いしてか質は悪くない。気持ちのいい音が出ている。

posted by at 18:34| Comment(7) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月05日

小型スピーカー完結

けっきょくオモテ用には、その3で好印象だった685を導入決定。音の方向性が鳴らす部屋や用途から考えてピッタリと思われるし、値段からするとありえないぐらい良いスピーカーだ。リサーチ時よりもさらにずっと安いところを見つけた。

つぎにウラ用。これはオモテ用より小さいものがよく、低予算。しかし可能なかぎりいい音で聴きたい。同じB&WのCM1というのがあり、805と685&686の中間的な位置付けのスピーカーである。これは繊細なきれいな音を出し、中間というよりは805寄りの音であることを確認済み。

100105.jpg



底値でも8マン前後なので予算的にまったく考えていなかったが、なんとヤフオクでうまくゲットできてしまった(笑笑笑

というわけでスピーカー選びは完結だが、他にメチャクチャ気になったスピーカーを見つけた。ALR/JORDANのEntry Siという小さいスピーカー。

1001052.jpg



たまたま耳タコのLet It Beのアルバムがかかっていたのでシビアに細かく聴いた。本当の音よりやや高音よりで、低音はぜんぜん出ていない。が、乾いた感じのとにかく気持ちのいい音だった。これでもう少し低音が出ていたら、メチャクチャ欲しくなりそうな感じ。これは4マン前後でそんなに高くないが、これまた値段からするとありえない良いスピーカーだと思った。

posted by at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

99.9%オフ?


091221.jpg

定価が115000円というiPhoneのアプリClassical Music Master Collectionが99.9%オフの115円で限定販売だという。クラシックの名演が800曲、100時間以上収録されているということらしい。古いものが中心で録音はあまり良くないが、内容を見るとグールドやフィッシャー・ディースカウ、カザルス、アシュケナージ、フルトヴェングラーといった名演奏家の名演集になっているようだ。これは悪くない。クラシックは好きだけどあまりくわしくないし、聴いたことはあっても曲名がわからなかったりするので、勉強にもってこいであるから即座にポチった。

さて使ってみると、アプリを立ち上げておかないと曲が流れない(バックグラウンドで流すことはできない)、検索できない、早送りできない、アプリを一度切ると次はまた先頭から、等々なかなか不親切なソフトではあるが、内容はぜんぜん問題ない。曲名の勉強用には最適だ。115円は安い。

ところでこの99.9%オフだが、期間限定と書いてあるがそうではないだろう。発売自体が12/17からだし、12/18限定のはずなのにいまだに割り引いている。これは目を引くためのカマシだろう。内容はいいけど、はじめから115円ではあまり大勢の人は買わないと思われる。
posted by at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

小型スピーカーその4

食い物系や音楽機器など主観で大きく左右されるものについてはネット上の書き込みなどまったく信用できないので、基本的に店頭で観察して、設置状況を考えて頭の中で補正しつつ自分の耳のみを頼りに選んでいるが、さすがに知らんメーカーが多くあって、ちょっとネット調査してみた。すると昨日のB&Wの安いやつのライバル的にKEFのiQ10、iQ30というのがあるらしい。

091201.jpg0912012.jpg



KEFというメーカーは小耳にはさんだことはあるがよく知らない。と思ったら、LS3/5Aのユニットをつくっていた会社らしい。ということはFOSTEXが箱も作っているみたいなものか。こいつらはヨドでなく石丸電機にある。箱の構造やパッと見は安いB&Wよりいいが、細かく見ると仕上げや箱の内部処理はチャチ。iQ30のほうだけ聴けて、音はわりと好みだがB&W685よりちょっとぼやけた感じか。しかし、686と対応するiQ10のほうは能率がやや高いのがプラス点。

さいきんの事情に疎かったけど、このへんクラスのいまどきのスピーカーは、わりと安いのに驚くほどクオリティが高い。第1回でわりと気に入ったJBLのControl1も、JBLのいいスピーカーに引き続いて聴いたから「安くてJBL風」というキャラに聴こえたわけで、いまどきのやつらと聴きくらべるとだいぶ分が悪い。まあ2マンだからくらべるのは酷か。

ついでに今日も805を聴いた、やっぱりこれは何度聴いてもすばらしいスピーカーですな、よくよく聴くと685とはレベルが違いますな。家のスピーカーはいつかこれにしよう。

0911302.jpg
posted by at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

小型スピーカーその3

小さいスピーカー/低予算ということで、はじめから高級スピーカーのほうには目を向けていなかったが、小さい安いスピーカーだと楽器の数が増えてくるとさすがに厳しい感じがする。で、なんとなくふらっと寄ってみたB&Wコーナーで変なのを見つけてしまった。

B&W685と686↓↓

091130.jpg



ヨドではこれらがそれぞれ598と498で売ってある。インチキのように安い。見た目はダサイが、この値段ではちょっと考えられんぐらいの驚くべき音を出している。35マンの805とくらべても、音の方向性はほぼ同じだ。

35マンの805↓↓

0911302.jpg



685は自分の用途にはややでかいし予算オーバー、686は能率が少々低いのが気になる。しかし、どちらも背面に吊り用金具がついていて、自分に使ってくれと言わんばかりだ。これは悩ましいことになった。

posted by at 18:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

小型スピーカーその2


ニアフィールドモニター系で掘り出し物があるかなと思い、こんどは秋葉原の楽器屋に行ってみた。そこの楽器屋にはCDが100枚ぐらい入ったジュークボックス式のCDプレイヤーが設置してあり、自分がこれまで聴きまくったCDが何枚もあった。スピーカーの切り替えもヤマハの01Vのフェーダーでできるため、かなりいい環境で試聴できた。で、安くて良好、みたいなものは無かったが、メチャクチャいい音を出すスピーカーがありびっくりした。

FOSTEX NF-1↓↓

091124.jpg



このあいだヨドに行ったときにFOSTEXの民生用スピーカーはクソつまらない音だと感じたけど、このモニターは圧倒的に正しい音をしていて、なおかつ聴いていても疲れないしつまらない音でもない。小さいニアフィールド用なのに、もっと大きなスピーカーのようなフワッと感もしている。これはすごい!ただし小さいわりにペアで10マンする。予算オーバーだし見た目がアレなので使えないが、これは非常にいいスピーカーだと思った。

そんな感じで、記憶の薄れないうちに家に帰ってウチの小さいスピーカーで同じCDを聴いてみた。箱がインチキのまま手を付けていないので低音はあまり出ていないけど、これはこれでやっぱりきれいないい音がしている。やっぱりウチのはいいスピーカーだ、ちゃんとした箱に入れてやらないとかわいそうだ。

posted by at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月16日

小型スピーカー選び

天井吊り用に使えるような安くてちっさいスピーカーを探したくなり、秋葉原のヨドバシにお気に入りのCDを何枚か持参してみた。

一番気に入ったのは↓↓BOSE 125

091116.jpg



BOSEの低音を出す原理はあまり好きではないけど、ふつうの101とかのようなガサガサした音じゃなくて艶があるというか、かなりいい感じ。正確な音ではないが、4万円前後という値段からすると相当気持ちいい音がする。

そのほかには↓↓JBL Control 1Xtreme

0911162.jpeg



小さいのにちゃんとJBLらしい音がするのがすごい。まじめに聴くとけっこう粗い音だけど、2万円でJBLの雰囲気がちゃんとして、聴いていて気持ちいい。

このクラスではFOSTEXなんかもいろいろ出していて、より正確な音ではあると思うが、どうも聴いていてあまりおもしろくない。自分は正確な音が好きなはずと思い込んでいたけど、よく考えるとでっかいスピーカーだとわりとTANNOYなんかも好きなので、音の正確さはあまり気にならないほうなのかもしれない。


posted by at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

Complete Miles Davis at Montreux 1973-1991

Miles Davis

090914.jpg

マイルスに関しては、ブートも含めていまの自分に手に入りそうなブツはすべて手に入れ、さんざん聴き倒しました。一時はマイルスの音楽以外はどれも陳腐に感じて、3年間ぐらいほとんどマイルス以外は聴かない感じになってましたが、いまはそういう時期はすぎて、また他にもいろいろ聴けるようになってます。

そんなわけで手元にはマイルスのアルバムが百何十セット、150枚以上ありますが、そのなかで、1セットあたり最も枚数の多いアルバムがこれで、1973年から1991年までマイルスがモントルージャズフェスティバルに出演した場面をすべて収録した20枚組のBOXです。そのうち1973年出演時の2枚は、隠遁生活直前のもっとも先鋭化していた時代のマイルスが、ジャズを期待していた観客から大ブーイングを浴びるというものですが、残りの18枚は隠遁生活から復活したあとの比較的おだやかジジイになったマイルス、1984年以降の演奏となっています。

ま、それだけのことなんですが、今日たまたまこれを連続で聴いていたのでした。

posted by at 19:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

RTA

090704.jpg

iPhoneのアプリケーションで、リアルタイムアナライザなんですが、この性能のよさはなんなんでしょうか、ホンマにすごい。1000円ぐらいでアプリの中ではわりと高めだが、すぐ買ってしまった。性能的には100倍出したものと比較して遜色ないのでは。このメーカー、FFTも2000円ぐらいで出している。いつもながら、わかる人にしかわからないネタですみません。

iPhoneのOS3.0にアップデートして以来、ときどき相性の悪いアプリケーションがあってモッサリするときもあるが確実に使いやすさは増した。そういえばこのあいだ、ひさしぶりに普通の新しめの携帯をいろいろ操作する機会があって、操作が複雑で思ったよりもずっとずっと使いにくくてびっくりした。おもしろいことは何もできないし、文字入力も、しっかりしたキーがついているのにタッチパネルのiPhoneより時間がかかる。iPhoneに慣れたらもう元には戻れません。
posted by at 08:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

Shazam

iPhoneいろいろおもしろいです。たとえば、いまiPhoneのCMでやってるShazamという無料のアプリケーションなんですが、iPhoneに曲を聴かせるとその曲を探し出してくれるというやつで、バカにしてたけどこれがすごい!

090330.jpg 0903302.jpg

ためしに、ある曲で音楽が始まる前の「語り」の部分を聴かせただけでやってみたら、完璧に探してきました。

0903303.jpg

これはマジでビビりますよ。iTunes Music Storeが膨大なデータベースを持っていることはわかるのですが、どういうアルゴリズムになっているのか、あまりにも短い時間で結果を返してくるので自分の理解を超えてます。ほかにも著作権の切れた過去の名作文学を読める青空文庫とか、エディタなんかもいろいろあって使いやすいから文章書けるし、RSSリーダーなんかもいろいろあるし、Google関連とのマッチングもいいし、こりゃミニミニパソコンそのものです。自分のような情報中毒気味の人間には最高のおもちゃですね。電池が減るからこれで音楽は聴きませんが。メールも家のMacと同期していろいろ出来るので、うまく振り分け受信できるように工夫しているところです。
posted by at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

ハードディスク追加

いまどきCDを一枚一枚交換して聴くことはほとんど無くなってしまって、iTunesでMP3というパターンばかりになってしまった。音もそんなに悪くなくじつに手軽でいいのだが、さいきんデータの扱いに困ってきた。自分の場合MP3は160kbpsあたりを目安に圧縮しているので非圧縮データに比べて1/10近くまで小さくなっているし、実家に1000枚近くあるCDはまだ全部取り込んでいないけど、それでもいろいろとデータがどんどん増えてきて、100GB近くになってきた。先代のMacのときに音楽データ用に買ったハードディスクは100GBちょっとしかないためシステムのバックアップ領域を確保すると音楽データのバックアップが溢れてしまうので、しかたなしに本当に大事な曲のデータだけバックアップしたりして工夫していたのだが、もうそろそろ限界。

090327.jpg

ということでAmazonでポチッた。いまどきメモリやハードディスクはバカみたいに安くて、ほんといい時代になったものだ。これで、音楽データ込みでシステム丸ごと→新しいハードディスクへ、音楽データだけ→古いハードディスクへ、という具合に三重のバックアップ体制にできた。音楽データのなかには入手困難なものなどいろいろあるので、飛んだらこりゃエラいことなのだ。

ところで、Mac純正のバックアップソフトであるTime Machineはなかなかイカすソフトです。ペラペラめくって過去のデータ探せます。

0903272.jpg
posted by at 09:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

New World Order

Curtis Mayfield

41S504GCQ4L._SL500_AA240_.jpg

今回クラプトンのライブでは、このアルバムからHere But I'm Goneをカバーしていた。


カーティスメイフィールドは60年代〜70年代にかけて活躍し、さまざまのミュージシャンに影響を与えた偉大なアーティストである。ボブマーリーのウェイラーズも、カーティスメイフィールドのインプレッションズを参考に結成している。ところがその後彼は、1990年にライブ会場で上から落ちてきた照明機材に潰されて下半身不随になってしまい、音楽活動もできず経済的にも恵まれない状態になってしまっていた。1994年になり、その事故を知った、彼に影響を受けた大物ミュージシャンたちが参加してトリビュートアルバムが作られた。

51X8B0DAW1L._SL500_AA240_.jpg

ジャケットに記された通り「ALL MEN ARE BROTHERS」どんなすごいメンバーかというと

Choice Of Colors /Gladys Knight
It's All Right /Steve Winwood
Let's Do It Again /Repercussions, Curtis Mayfield
Billy Jack /Lenny Kravitz
Look Into Your Heart /Whitney Houston
Gypsy Woman /Bruce Springsteen
You Must Believe Me /Eric Clapton
I'm So Proud /The Isley Brothers
Fool For You /Branford Marsalis, The Impressions
Keep On Pushin' /Tevin Campbell
The Makings Of You /Aretha Franklin
Woman's Got Soul /B.B. King
People Get Ready /Rod Stewart
(Don't Worry) If There's A Hell Below, We're All Going To Go/Narada Michael Walden
I've Been Trying /Phil Collins
I'm The One Who Loves You /Stevie Wonder
Amen /Elton John, Sounds Of Blackness

このアルバムの出来は本当に素晴しい。カーティスメイフィールド本人も、「初めてアルバムを聴いたとき、涙があふれた。どんなに状況が悪くなっても、いいことは起こりうるのだということをこのアルバムは証明してくれた。」とコメントし、不自由な身体ながら1曲歌っている。自分はこのトリビュートアルバムで彼のことを知り、それから昔にさかのぼって聴きはじめたのだ。



そんなある日、1996年になって、カーティスメイフィールド奇跡の復活アルバムが発売された。それがこのNew World Orderである。身体が動かないため往年のギターもなければ歌も以前ほどのパワーがないが、事故のことを考えると涙なくしては聴けないアルバムだ。発売されたときには本当に嬉しかったことをおぼえている。12曲目のLet's Not Forgetが感動的なとてもいい曲ですごく好きだ。このころのアルバムでクラプトンは、カーティスメイフィールドを意識して盛んにファルセットで歌っていたように思う。

しかしその後、1999年になりカーティスメイフィールドは死んでしまった。そのときはたまたま車で音楽番組を聴いていて、訃報を知ってかなり凹んだような記憶がある。

ということで今回、クラプトンカバーによるジョージのIsn't It A Pityは聴けなかったが、そのかわりHere But I'm Goneを聴いていろいろ思い出したのでよかった。
posted by at 15:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。