2013年10月09日

手がほぼ治った




ここ数年、手が酷い状態になっていた。もともとの乾燥肌に加えて、粉を触り農作物を触り、さらに水仕事中心なので手がひどく乾燥して大変だったのだが、去年の頭ぐらいから、ニトリルゴムの手袋をして常に蒸れたような状態を保ち、またひどいときはヒビケアなどを塗ることによって一時的に状態が緩和していた。

しかし去年の末ごろからこのゴム手袋や軟膏にかぶれる症状が出はじめ、真っ赤に腫れる、猛烈なかゆみ、強くかいて皮膚が破れて汁が出る、等々のひどい状態に陥っていた。仕事や日常作業の都合上、一番外側にニトリル手袋をしておかないと作業できないので、これにかぶれないようにするため下にビニール手袋を介して、手袋を二重にした状態で日常も仕事中も24時間過ごさなくてはならないようになっていた。これにより、蒸れる→かゆい→皮膚が破れる悪循環になる。手に触れる部分を綿手袋にすると、カピカピに乾燥してしまってすぐ割れてしまうので、どうしてもビニール手袋で蒸らしているしかない。また、ステロイド軟膏が手放せないが、これの副作用として皮膚を薄くするので、皮膚が破れやすくなる。しばらくしてプロトピックという薬も試してみることになったが、この薬も使いはじめに猛烈なかゆみとひどい湿疹が出てしまい、耐え切れずステロイドに戻す、という繰り返しになっていた。さらに悪いことに、蕎麦を打つときにニトリルとビニールの二重手袋だと滑って打てないので、そのときだけはどうしてもニトリル手袋一枚で作業しなければならず、その数時間の作業でまたかぶれてしまう。思いきってひと月ぐらい仕事を休むか、そうでなければ一生手袋をはめ続ける生活になるのではないかという感じであった。

そんな状態が続きまったく改善しないままでいたが、先日ちょっと調子の良かったときに思いきってニトリルの下のビニール手袋を綿手袋にしてみた。はじめカピカピに乾燥するのだが、薬を多めに塗って割れないようにして何日か過ごすと、蒸れて弱かった皮膚がやや回復してきた。何度か湿疹がぶり返したりしたが、ひと月ぐらいがんばっているとやや良くなってきた。また、ニトリル手袋の下が綿手袋だと滑らないのに気づき、練習して蕎麦打ちもできるようになり、そこから飛躍的に回復してきた。そういったわけで、数日前から、日常は素手でも過ごせるぐらいになってきたのである。



というわけで、この数年ほとんどギターを弾いていなかったわけだが、やっと弾けます!JMP-1

IMG_1875.JPG



なんぼミニアンプといっても真空管の1ボリューム式のなので、歪むまでボリュームを上げると警察が来る恐れがある。しかたないのでガラクタを引っ張り出してきたけど、一番使いたかった「ガバナー」は何年も使っていないうちにツマミが動かなくなっていて意気消沈。指もぜんぜん動かんし…

IMG_1874.jpg



まあボチボチ。







posted by at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月23日

身体いろいろ




gin2.jpg

厄年だし、いろいろ無理が利かなくなっている。いや、まだ利くけど、無理するとあとでいろいろ不具合が出るようになってきた。これまでの自分では考えられないような、納得のいかないことが出てきたりする。諸先輩方をみていると、もう少し年齢を重ねても上手に身体をいたわりながらうまくやっていれば、そこそこのレベルでは動けるはずだと思うが、無理を重ねるようなことはできない。自分のペース、自分の領分で動くかぎりは同世代の人とくらべて充分タフなはずだと自覚しているが、かといって人より根をつめてギリギリでやっていたら無理が出てくる。



そういうことで、今年の盆は仕事以外のことは極力サボるようにして、帰省中もひたすらゴロゴロ過ごした。今日は盆前から出ていた身体の不具合について、思い出したくもないような嫌な治療をすませた。引き続き涼しくなるまでは無理せず過ごして、来年に向けては今年のように無理やりにならないように、上手に準備を始める予定。身体の変化にうまく適応できるかどうかで、長く楽しめるかどうかが決まる。




posted by at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月19日

ベビージョガー




run_orange.jpg



欲しいんですが、さて問題はどこを走るか。安全で段差のないコースがあれば…




posted by at 00:38| Comment(4) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日




今シーズン、スピコン号に乗り換えるにあたって、サドルはアリオネを試してみたのだがどうも尻に合わず、十数年愛用してきたパーヴェに戻した。しかし尻の筋肉が落ちたせいか、以前ほどしっくりこないような気がする。DH姿勢のときに圧迫されて痺れるような感じもある。といっても今年は実走7回だけ、はつかいちのレースを入れても8回だけなので判断するにはまだ早いかもしれないが、そんなときにスペシャのSITEROを知り、昨日さっそくウエキさんのところへ相談に行った。



273596_0.jpg



さすがにウエキさんのところには在庫があって、さっそく尻に当ててみた。しかし残念ながらこれはぼくの尻にはまったく合わないことがすぐに判明!角が当たって痛い。現物合わせで判断できて良かった。現物がなければ気が短いのですぐに買ってしまうところだった。



さらに、いま流行っているらしいCOBB V-FLOW PLUSも試してみたところ、こちらはいけそうな雰囲気。ま、この手のものは、はじめいけそうな気がしても実際に装着してあれこれ試してみないと本当に合うかどうかはわからない。だから、買って使ってみてやっぱりダメだったとなる可能性はあるけど、とりあえずこちらは買ってみる価値があると感じた。



cobb.jpg



COBBもダメだったら、売れ残りのパーヴェを探して一生分確保しておこう。いま手に入るのはPave CXとなっていて自分が買い替えながらこれまで使ってきたものと微妙に違うようだが、しかたない。LIFE-PAVEというのも持ってるけどこれはパーヴェとは別物。




posted by at 15:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月14日

スイムのときの耳栓




自分はありとあらゆる耳栓について権威なのだが、ここではスイムのときの耳栓について。どうも耳に水が入ったまま泳ぐのに慣れなくて、これまですべてのトライアスロンレースにおいて耳栓をして出場してきたし、スイム練習においても99%耳栓をしていた。いろいろためしてきたけど、ここ7〜8年はTYRのソフトシリコン製のものを使っていた。

51ZeyW+txoL.jpg

これは、ひとつずつ使うとちょっと大きいので、ひとつを半分に切って使うとなかなか良好だった。



しかしここで話の筋を切って、、、よくよく考えてみると、この耳栓のせいでトランジッションを遅くしている面もあるわけで。せいぜい1時間ぐらい耳に水が入っていても、その後なかなか出てこなくても、気にしないようにすればいいのではないかと思った。ということで、今回のレースでは耳栓をせずに出てみようと思っている。




posted by at 23:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月03日

スクワットの角度




去年は夏から冬までみっちり筋トレをして体重は増やさずに筋力アップをはかれたので、今年のシーズンは大躍進の予定だった。しかし冬から春にかけて持久力のトレーニングに移行するときに大コケして、筋トレで獲得した筋力が落ちてしまった。

ただ、中身を細かくみると、ランはわりと調子よく、バイクが全然ダメということになっている。ランについてはNewtonシューズを買ってフォームを改善した要素もあるが、この差はどういうことだろうか。



いろいろ考えてみると、スクワットの角度の問題のように思う。ハムの柔軟性が少なく、またヒザが不安なので、自分の場合、スクワットではあまり深くまで沈み込んではいない。そのため、股関節が伸び切る直前のあたりはよく強化されているが、股関節が縮んだあたりはあまり強化されていないのかもしれない。この股関節の角度がそのままランとバイクのフォームの違いに対応していると考えるとつじつまがあう。ただ、過去にやってきた筋トレでは、充分バイクにも効いていたのだが…



ということで、今年の夏以降の筋トレでは、レッグプレスマシンを活用して深い角度を意識してみようと思う。従来のスクワットと深めのレッグプレスと二本立てでいってみよう。うまくいけば来年効果が出るだろう。






posted by at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月31日

レース用のシューズ買うた




130531.JPG



たまにはブログも書いとこう。アマゾンで「adizero Japan2」というのを買うた。シューズにはとくにこだわりはないのでadidasならなんでもいいが、アフリカ人がよく履いていてソールが柔らかめだというレビューがあったのと、値段が8000円ぐらいと安いのでこれで決まり。サイズもいつもどおり27.5でバッチリ。重さは210グラムぐらいなので、もう少し重くてもいい。



それはそうと、このブログ、去年ごろからできるだけ検索に引っかからないように細工して一般の人の目にはあまり触れないようにしていて、もともと自分を知ってる人にだけ近況報告していたつもりだが、ここ何年もまともに競技をやっていないから役に立つような内容はあまり書いてないし、もともと知っている人といっても、生活パターンが変わって知人の範囲が変わってきた。店はヒマでも自分はやたら忙しくて仕事以外はほとんど余裕がなく、さらにいまの時期トライアスロンまでやっているからあとはメシ食うか健太郎の顔を見ているか寝ているだけの毎日だ。古い知人と会うことはほとんどなく、うちに遊びにきてもらう場合ぐらいしかない。そういうのはよくないと思うけど余裕がないからしかたない。

まあ、お互い忙しくしていて疎遠になったのであればそういう程度の縁だったということだろうし、もし縁が深ければ何年かに一度ぐらいはどちらからともなく連絡を取り合うことがあるだろう。そのように考えると、このブログの存在意義もすでにほとんどなくなったようだな。



posted by at 23:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

とうとう逝った




130508.jpg



Air KUKINI IIというわりにエアが入っていないので破裂の恐れがなくずっと履けると思っていたが、とうとう底のゴムが剥がれて逝ってしまった。2003年の皆生で履いたと思うので10年。ああ残念。



posted by at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月17日

スピコン号セッティング中




130417.jpg



いまのところようやく外乗り3回、あちこち微調整して、ほぼ問題がなくなりました。後ろのBOXはレースのときは外す。サドルの後ろにボトルケージをつけるかどうか。尻に関しては、パーヴェに戻すとすべてがピッタリくる感じ。ルックスもこっちのほうがよい。さて、ちょっと乗ってきます。




posted by at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月02日

カレラ号つづき




よく生活が一変するなどといますが、健さんが産まれて以降ほんとに毎日毎日、余裕なしですわ。トレーニングもせにゃいけんし。そんな中で多少の息抜きというか、ママチャリのカレラ号をちょっとずついじったりしてます。



ステムの角度の関係で、ステムを一番下にブッ挿しとかないとハンドル高すぎになってしまうので、そういうことにしました。しかしそうするとコラムが上に余って超カッコ悪いけど、切ったりするのは面倒なのでライトを取り付けてみた。これでごまかせるのではないか。

1303012.JPG



例のごとくチェーンの通っているギアを両側から大きいギアで挟んで脱落防止しているけど、こんどは歯数の関係で見た目がナイスです。

130301.jpg





posted by at 00:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

三代目ママチャリのカレラ号




130220.JPG



二代目レース用からママチャリに作りかえて8年半乗った二代目ママチャリのスペシャ号、エンド部分が折れてしまったので、パーツを寄せ集めて三代目ママチャリを組み立てました。例のごとくディレイラーは除いて変速なしのチェーンテンショナー方式ギアも39−16に戻しました。エエ感じです。



二代目ママチャリのスペシャ号には、初代レース用→初代ママチャリとして使ったノコ号についていた8速のアルテグラ600のブレーキアーチをつけていたけど、さすがにこれはもう捨てることにして、二代目レース用のときにスペシャ号につけていて今はヨメさんのレース用チャリについている、9速アルテグラのブレーキアーチを使うことにしました。カレラにつけていた10速デュラのブレーキアーチ、前後ディレイラー、バーコンはヨメさんが復帰したときのレース用チャリに使うことにします。クランクとチェーン、リアスプロケットはそのまま使いました。



そうそう、いろいろいじくったカーボンXも用なしになったので、これはスピニング用にするつもりです。



posted by at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

AIR ATTACK




薬物使用に「イエス」 自転車のアームストロング、テレビで

もう先月のことだが、ランスについては残念なことになった。最後にあれだけ往生際悪く粘ったのはよくなかった。しかし、同じようにインチキをやったとしても、あれだけの強さを誇る人間は彼の他にはいなかったわけだし、あのころはあのころで夢を見させてもらって大変おもしろかった。練習内容や走り方、気持ちの持ち方みたいなものはずいぶん参考にさせてもらった。諸方面に対する精算が仮に終ったとすると、自分の個人的な希望としては、今後トライアスロン大会に復帰して活躍してもらいたい。



それはそれとして、今シーズンの注目アイテムはこれだ。



1302132.jpg



TTヘルメットが出始めた当初は、単体での空力を追求したような、テールの長いものばかりだった。しかし、機材として煮詰まってくるにつれて、実際のレースにおいては横風もあるし首は動く、背中のラインも人によりけり。こんな状態の時にはTTへルメットは意味を成さない↓↓

120623.jpg



ということで、テールの短いものが出回るようになった。それがさらに進んで涼しさも追求して、とうとうこのようなテールなし形状が出るに至った。結局20年前のヘルメットと同じではないかという話しだが、平均時速の高いツールのTTでも使用しているぐらいだから、もはやトライアスロン選手がロングテールのTTへルメットを使う根拠は薄いのではないか。



130213.jpg


posted by at 22:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

春までおあずけ




寒くなる前に一度ぐらい乗ろうと思って夏に注文したはずだったけど、引っ越しの片付けや仕事、仕事上の勉強、ビッグイベントの準備、などなどで休みの日は用事で詰まっており、冬は乗れずじまいで終りそうだ。年が明けたらビッグイベントがあるのできっと乗れないだろう。やっぱり春か…



生活に関係ないので押し込め部屋はぜんぜん片付いていない。この家に住む最後まで片付かないかも(笑)



121219.jpg








posted by at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月15日

体力テスト




ウエキさんところにTREKを引き取りに行ったのですが、ついでにアンカーのフィッティングマシンで体力測定をしてもらいました。



1211153.jpg



ある程度の体力の目安をつけて、負荷を三点決めて、その負荷のときの心拍からMaxを推定する方式のようです。回転数はメトロノームでちゃんと合わせたのと、マシン自体の負荷(W数)は合っている様子。250W前後で145HR程度、いつもの通りという感じでした。推定有酸素パワーは404W、VO2Maxは4.9リットルだそうで。



つくばにいるときにきちんと測ったときはこんな感じで、ちゃんと計算すると430WVO2Maxは今回の推定と同じ4.9リットルだったわけだけど、5年前の当時はそれなりにまじめに競技していたし、その後3年ブランクがあって、筋肉もだいぶ落ちて、今年の6月のレース以降は週1〜2時間のインチキな練習しかやっていない現状からすると、今回のテスト結果は上出来ではないでしょうか。安心安心。来年のはつかいちもがんばります。



肝心のTrekのほうはこんな感じです。後ろのBoxは、当面は練習用につけたままにしときます。(撮影:ウエキさん)



121115.jpg



1211152.jpg






posted by at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月07日

ぱっつんぱっつん




今日ひさしぶりにシャツを着てみると、ぱっつんぱっつんでボタンが飛びそうなヤバいレベル。去年のいまごろにやや小さめフィットぐらいで買ったものだが、どうも最近の筋トレで上半身がデカくなっている模様。体重や脚回りのサイズはあまり変わっていないはずだが…。



その筋トレ、これまでになく順調に筋力が向上していて、オッサンになって衰えつつあるのになぜだろうかと考えていたのだが、これまでオフトレで筋トレをしていたころは、それなりに100キロ以上乗ったり30キロ走ったりしながら筋トレをしていたのだった。いまは持久力のトレーニングを最低限維持できる程度しかやっておらず(できておらず)、筋トレだけはまじめにやっている。かえってそれがいいみたい。これは結構ポイント。





posted by at 22:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月24日

肩甲骨はこの状態で

121024.jpg 1210242.jpg

ぎゅっとすくめて、これが正解ですよ。日本人だと外側に張り出している場合が多いんですよね。水泳出身の人とかだと肩関節が柔らかいのでうまくできるんだろうけど、自分は身体かたいけどちょっとでもできるように練習しよっと。

posted by at 02:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

ランス

なんかいろんなところから急に梯子を外されてしまったですね。残念ながら、こうなってはアイアンマンハワイでランスを見ることはもはや無理だろう。いまのところ物証はひとつもないので本人が証言しないかぎり100%の真相はわからないが、ランス好きの自分でさえ、なにかやっていたんだろうと思わざるを得ない。

121022.jpg 1210222.jpg

精神面や戦い方はカッコよかったし、ハワイで走るランスを見られないことは非常に残念だけど、正直それ以上の感慨はあまりない。あのクラスの選手になると、ぶっちゃけやっていてもいなくてもどうでもええじゃん、みたいなところがある。プロスポーツの世界では勝つか負けるか。同じ能力を持っていて、同じ環境に置かれれば世の中の多くの人が同じことをやるだろうから、鬼の首をとったように非難する気分にはならない。同じようにドーピングしていた連中に対しても圧倒的な差をつけていたわけだし、あれだけの活躍ができたのはやはりすごい選手だったということだろう。完全無欠のヒーローというのはありえなくて、完全無欠に近いだれかにちょこっと細工して、ということ。

それよりもびっくりしたのは、つい先日ケビンモーツさんがひっかかって1年間出場停止という話。たしかに昔から速い人だけど、エイジグループの55−59ですよ。名誉だけのためでもやる人はやるわけだ。このあいだ急死した若い水泳選手なんかもアレだろうし。まあオリンピッククラスの人はランスと同じ状況だから、トップまであと一歩となるとやりますかね。身の回りの一般選手にも、実年齢のわりに寄ってみるとえらく汚かったり成績にやたらムラがあったり、怪しげなやつがいるような気がする(笑)自分が知らんだけで意外と蔓延してたりするのかも。

ということで、ランスがハワイで走ることをメチャクチャ期待して応援していたが、自分の場合は究極的には自分にどうフィードバックさせるかということしか考えていない。練習の組み立てなどは相変わらず参考にできるわけで、理屈もわからずにただむちゃくちゃ練習をしてもダメだが、あの超人的な練習内容がしっかり身になればあれだけ速くなるわけだ。そうなると、どの部分にクスリの恩恵があったのかということを考えて、回復が速かったからこうできた、心肺機能が上がったからこうできた、そうでない自分はどのように組み立てるか。

世界のトップクラスがみなクリーンだったらどうか?練習において、あの驚異的な積み上げはできないし、発揮出力だってだいぶ低いだろう。そうなると、自分と世界のトップとの能力差は少し縮まることになる。これは相当うれしい!体格差はしかたないとして、単位筋量あたりの出力でもありえんほどの能力差があったものが、もしかするとありえるかな?ぐらいの差まで近づくかも。自分はもうオッサンだし多忙なので、自分に生まれつき与えられた能力をフルに発揮するところまで積み上げることはもうできないと思うけど、それでも多少モチベーションが上がりますね。
posted by at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

いよいよ来た




121010.JPG



微調整は乗りながらやる。淳くんとスミスさんが細かいところまで気を配ってくれて、メチャ安心。11月ごろまでウエキさんところに長期展示中です。





posted by at 15:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

ゴツくならないように




121008.jpg 1210082.jpg



5年前のこのころは、絞って67キロぐらいだったから今より4〜5キロ筋肉が多かった。で、いま筋力がないのでそれを戻そうとして筋トレをしているけど、いまの軽い身体も、それ自体は悪いことではない。歳をとって筋肉の性能自体は多少落ちたとしても、動きの巧みさとかなんとかが向上したりしないものか。あわよくばいまの軽い体重のままで筋力が戻らないかなと、ムシのいいことを考えている。



で、いまのところちょっとずつ重量を増やしていて筋力は向上しているが、うまいことに体重も太もも周りの径も変わっていない。どっちみち筋トレはある時期までで終えてしまい、レース前の仕上がった状態のころにはまったく違う身体になっているわけだが、来年仕様の身体は今年より少しでもマシなところまで戻したい。





posted by at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

InBody測定じゃ




この手のインピーダンスのやつは疑わしい。自分は乾燥肌だし手も脚も長いので、高い抵抗値が出てしまう。まあしかし自分だけの基準には使えるから、やってみた。



120911.JPG



いつも高めに出る体脂肪率が、汗をかいていたからか、8.3%などと出た。レース後すっかりデブっているのでこんなに低いわけはないのだが…。それはおいといて、腕と胴体の筋肉量は標準に毛の生えた程度、脚の筋肉量は標準の1割り増しというのがわかった。全盛期にくらべると筋肉が5キロぐらい減っていて、尻や脚も細くなっているので全体のバランスはあまり変わっていないはずだが、この年齢からガンガン筋肉が増えるわけもないので元の身体にまでは戻らないとしても、やはり胴体部分の筋肉はもう少し必要ですね。





posted by at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

Newtonで走ってみた




120831.jpg



こんな感じでした。自分にはよさそう。





posted by at 22:40| Comment(5) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

Newton Running




フォアフット走法とまではいかなくても、土踏まずからフラットに着地してバネを強化してすばやく離地する、みたいなことは何年も前からずっと意識していたけど、ここのところいろいろつながってきて、このオフの間により徹底させようという方向。Newtonのシューズは以前から気にはなっていたものの、どんな靴でもできるはずだと思っていたから手を出さずにきたのだが、訳あり商品みたいなのを見つけたのでちょっと買ってみました。



120830.jpg



色が微妙だけど、まあどうでもよい。これでしばらく練習してみます。





posted by at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月11日

ま横




ひさびさにウエキさんのところへ近況報告とご相談に。スミスさんが常勤スタッフになっておられた。佐伯町のお客さんが撮られたという写真をいただいてしまった!

Scan007.jpg



ま横は本当に貴重で、10年ぐらい前に石倉が撮ってくれたのぐらいしかない。

120711.jpg



ノーマンとくらべると、だいぶ貧弱〜〜。

081014.JPG 1207112.jpg





posted by at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月06日

筋トレ




ようやく動けるようになったのでちょっとずつはじめたけど、いまのところ公園トレのレベル。ときどきグリアリにも行くつもりだけど、9月に球場横のルネが完成したらそこでガンガンやって、冬まで身体の形が変わるぐらいやるべし。

120706.jpg





posted by at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月02日

9000か7900か




新しいチャリを買うとして、11速化するかどうか。52−36とか魅力だし、新しい設計のほうがいいとは思うが、そうするとスプロケットの幅が変わるので今のHED3が使えなくなる。べつに10速でも問題ないし、いっそのこと7900でコンパクトにしようか。50*11があればトップ側は充分だろうと思う。



dura900020images.jpg

DURA_ACE_7900.jpg



カッコは7900のほうがいいですね。





posted by at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月01日




昨日、広テレではつかいちトライアスロンの番組があって、録画していたので疲れ果てて帰って夜に観た。なんだかえらい強い選手のような取りあげられ方だった。自分としては2008年〜2011年までブランクがあってイマイチ様子がよくわからんし、過去の経験からだいたいこのぐらいはいけるかな、ぐらいの薄弱なものしかないので、なにか問われても無愛想に答えるしかない。去年ひさしぶりにポッと出ただけで、有力選手もクソもない。こういう自分のほうがよっぽど「復活」に値するんじゃないん?と思うけど(笑)まあそれはおいといて、来年は名実ともに有力選手と言ってもらえるように、今年よりは進歩するつもり。チャリも換える。



それはそうと、今の店で食っていけるように自分なりに一生懸命働いていて、週休二日の人の基準で行くと余裕で過労死レベルを超えているが、この3ヶ月はその隙間にトライアスロンの練習をした。これ以上ギチギチな人はちょっといないのではないか?と自分では思っていた。あくまで体力的に、だけど。そしたら、九州あたりのおじさんに、茶化されたのかハッパをかけられたのかイマイチよくわからんが、M社では月300時間残業する人がいたからまだまだだと言われた。M社には後輩がいるので、月200時間ぐらい残業していて病人や死人がわりと多いという話は聞いていたけど、それどころではない月300時間なんだそうだ。まあその残業時間が本当だとしても、どう考えてもそいつは仕事以外の生活は破綻しとるだろうと思うし(笑)ましてトライアスロンなんかやってないだろうと思うからぜんぜん自分には参考にならないが、とにかく自分は本当に目一杯やっているので、何を言われてもこれ以上絞りだしようがない。



ということで本題に。テレビで確認したところ、ほかの選手にくらべても、いちおうチャリ乗りの尻を維持しているようではあった。来年は少しでもいいから今年よりも戻したい。年々おっさんになるけどまだまだやるで〜。



120701.JPG







posted by at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

これはもうダメですかのー




足の故障につながりそうでなければ靴底のすり減りについては無頓着だし、このあいだ収入役さんに借りたBorn To Runにもボロい靴で走れと書いてあった。が、今回レースで走ったらこんなになってしもうた。これではさすがに気持ち悪いですね。



120620.JPG



posted by at 09:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月10日

今年はこんな具合




今年は、白ー銀(吟)な感じでいきますけえ。福山の伸治がやってくれました。ゼッケンは3番。応援よろしく〜〜。

IMG_1311.jpg





posted by at 22:47| Comment(6) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月06日

スプロケット組み換え




去年は仕事のことで一杯でバタバタで参加したので、準備段階ではまったくレースのことを考える余裕がなかった。今年も余裕はないけど早め早めに考えて、レースの準備を万端整えようと思っている。



ということで、今日はスプロケットの交換とチェーンの交換をやっておいた。練習用でずっと使っている養成ギプスに12−25、レース用ホイールに12−23が付いていたので、これを取り換えておいた。これで39−25が使える。本当はこれでもまだぜんぜん小さいのだが、とりあえず39−23よりはマシだ。



IMG_1308.jpg



余談だが、来年新しいチャリを買うときには当然デュラ9000で組むので、クランクを170ミリに短くして、フロントは52−36、リアは12−28にしようと考えている。それでペダリングを高回転型に変える。本当はトップ14とかでいいので、もっとクロスにして下に振ったスプロケを作って欲しい。アルプスの空気の薄いところで時速100キロ出すわけでもないのに、自分あたりのレベルでは52−12より大きなギアなど必要とは思えない。





posted by at 22:57| Comment(2) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月29日

はつかいち、あと3週切った




練習量がたいしたことないので食事の調節で減量している。やっと体重は64キロ割ってきて、10日前からすると1.5キロぐらい落ちた。現時点で去年のレース時よりは確実に絞れているので、それで同じ体重ということは、やはり多少筋肉がついたようだ。調整になると練習量が減るけど、今週がハード週なので今週のうちにもうちょっといけるか?しかし筋肉を落としてはいけないので食事のタイミングと内容をうまいことやらないといけない。



今年、自分は40歳でトライアスロン16シーズン目。まあ途中で3年ほどブランクがあったので実質はもっと短いけど。40歳といえば、1994年にデイブスコットが40歳で5年ぶりにハワイにカムバックしたときは2位になり、40歳でトップに返り咲いてすごいとか言われていたように記憶する。

もちろん自分は40歳過ぎても仕事が忙しくてもまだまだ強くなる野望を捨てていないが、そんなのは自分たち日本人のエイジグルーパーの話であって、仕事の合間で練習している関係上、練習量が少なく身体を開発し尽くすことができていないからである。当時のデイブスコットや今のランスのように、世界のトップで膨大な練習をこなし続けて40歳過ぎても活躍している人は本当にすごいと思う。ほとんどの人は知らないうちに消えていってしまう。

デイブスコットの話に戻ると、1996年のハワイは42歳で5位、このときはたしかランを2時間45分ぐらいで走ったがバイクが遅く、明らかに世代が交代した印象だった。



で、本題に入ると、そのころの彼が80年代の現役時代より身体を絞ることができた、みたいなことを言っていたように記憶している。



こちらが1994年のはず。

120529.jpg 1205292.jpg



こちらは1996年。アイアンマンのレース後だからものすごく脂肪が少ない。

1205293.jpg



素質の問題もあるし、練習量の問題もあってなかなかあそこまで絞れるものではないが、自分ももうひとがんばり絞ろう。



デイブスコットもいいけど、昔の選手といえばやはり自分はなんといってもマークアレン。1999年以降でいえばランスが好きだけど、自分のNo.1ヒーローはマークアレン。1994年は不出場で、1995年の最後のハワイのときは超カッコよかった。自分がハワイに行ったときも何度か見た。

1205294.jpg

1205295.jpg

1205296.jpg

1205297.jpg

1205298.jpg



そんな感じで1995年のハワイの映像を見ていると、なんと松下くんが映っていた。当時の自分はタバコ吸ってフラフラ遊んでいただけだったが、そんなころからハワイに出ているんだから、松下くんはすごい。




posted by at 22:54| Comment(4) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

安い♪




さいきんはあまりサプリメントの類いは摂らず、ふつうの食事をきちんとしているつもりだが、体重調節をやりやすくするためにひさびさ買うたった。



IMG_1304.jpg



円高なので安い!5ポンドで5000円しない。マンゴ味については、ちょっと微妙だった…





posted by at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月19日

はつかいちトラあと4週ちょっと




いよいよ練習も大詰め。今週が終ったら、イージー、ハード、イージー、イージーの4週でレース。調整でイージーの場面が多いわけだが、気にはしているけど体重がなかなか減ってこない。もちろん落ちる余地はあって、尻の周りや太ももの外側の裏側あたりに脂肪がついてはいる。しかし上半身はもうガリガリで、寒いし、レースまでにすんなり落ちてくれるかどうか、ちょっと不安。



4〜5年前の最盛期より筋肉が落ちているのは間違いないが、それが今年はどのあたりに落ち着くのかよくわからない。2007年にはよく絞れているときで67キロぐらい、2008年に「はつかいち」に出たときはソコソコの感じで68キロぐらいだった。その後、そばの修業などをしているうちに5キロ近く筋肉が落ちて、2009年の冬はまあまあ絞った状態で63キロ弱。その後、本職になってから上半身に筋肉がついたらしく、去年はまあまあ絞って64キロぐらいだった。今年はどうなのか?現時点では65.5キロぐらいをうろうろしていているのに、上記のように上半身はもう落ちる余地がない感じ。



5年ぐらい前から寒さに弱くなってきて、平熱が低くなったので、基礎代謝が落ちているのは間違いない。反面、ホルモンの関係で筋肉がつきやすくもなっているはずだが、今の生活でたいした練習もしていなくて去年から1キロも筋肉が増えるとは考えにくい。なので、去年より1.5キロも重い今の状態で不安になっているのもおかしいわけである。オッサンで疲労回復のこともあるので、あまり過激な食事制限はリスキーなのでしたくないし。レースコース的に、なんとか絞り切って64キロ弱にはしておきたいが、どうなんでしょうかね〜。



IMG_1299.jpg









posted by at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月09日

チャリ




ふと気がついたら先週末のランス出場のハーフアイアンマンは見逃していたわけですが…。

いま乗ってるチャリは2004年に作って、クロモリフレームのカーボンバックというものです。乗り心地はとてもいいです。だいぶ古いけど、2008年後半以降は去年も含めてトライアスロン選手ではなくなっていたので新しいチャリにする必要もなかったわけです。しかし今年は気合いが入っていてちょっとだけトライアスロン選手に戻りかけている気分です。今年は6月に1戦だけ出て、オフになんとか体力を維持して乗り切って来年もトライアスロン選手の気分でいられることができたら、ウエキさんのところへ新しいチャリを買いに行きたいと思います。



ホイールは手持ちのものでいいので、やっぱこういうイメージでしょうか??ロングに復帰できるのはいつのことやら〜

2012-05-09 1.jpg




posted by at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

ランスのクランク長




今朝方なにげなくランスの発言を見ていると、この画像をみた人からの「クランクが短いのでは」という問いかけに対し、

1202142.jpg

170ミリに換えたよ、みたいなことを言っていた。これはたいへん興味深い。



ランスは5フィート10インチだからほぼ178cmとして、白人の平均的な股下サイズを48%とするとだいたい股下が85.5cm。膝下と膝上の比率はわからないが、とくに膝上が長いようには見えない。通常のロードは175mmのクランクで、これで上りも90〜100r.p.m.あるいはそれ以上を維持して走っていた。

TTでは、通常の場合クランクを長くしたりする例が多いが、ランスの場合は逆でたしか172.5mmに短くしていたはずで、これで110r.p.m.あたりを維持して走っていた。



それをトライアスロンに出るにあたって170mmにするという。。先日のレースでのバイクのペースの抑えかたといい、クランクの短縮といい、相当考えているしものすごく柔軟だな、、と思う。



自分は股下81.5cmで、標準の比率よりもだいぶ膝上が長いためクランク172.5mmが一番使いやすくて、長いことこれを使っている。ランスのように110r.p.m.を維持しろと言われれば170mmにしたほうが楽かな、とは思うが、167.5mmにすると明らかに使いにくい。脚のかたち(筋肉のつきかた)が良くないので、100r.p.m.程度ならいいとしてもランスほどの高回転を維持するのは難しい、と自分では思うが、思いきって短いクランクにして高回転で乗るようにしたほうが好結果かもしれない。しかし、167.5mmや165mmまで縮める勇気はなかなかないな〜〜。



ついでに、あれほどこだわっていた踏み面の広いペダルも、スピードプレイみたいなヤツになっている。トライアスロンではダンシングしないからこれでいい、ということなんだろう。




posted by at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

ランスのチャリ




ヘッドまわりの処理やブレーキアーチが内臓されているあたり、いまのトレンドですか。

120214.jpeg



デュラでなく、引き続きSRAMですか。ポジションはロードの1時間のTTと基本的に変わらない様子。

1202142.jpg



背中のコブは骨格です(笑)

1202143.jpg



つぎはわしもトレック買おうかの〜〜

1202144.jpg




posted by at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

物持ちが良い2




物持ちの話はいろいろあるが、これはちょっと自慢できるレベルかも。



ママチャリにつけているパーツはどれも過去レース用に使っていたお古なのだが、このブレーキアーチが15年以上使っているシマノ600であることはいいとして、ブレーキパッドも一度も替えていないのである。

120116.jpg



あまりブレーキを握らないからか?あまり減らないし未だにちゃんと効く。





posted by at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月15日

ママチャリのチェーン換えた




去年こけたあと、速やかに原因となったチェーンを換えていたのだが、油断してぜんぜん注油してなかったので早々に錆びてしまい、換えて1年もしないうちにまたまたチェーンが伸びてしまっていた。ここ最近はちょっとトルクをかけただけで歯飛びするようになっていて、非常に不快だった。



ということで、ぽっかり時間が空いたのでチェーンを買ってきて交換した。

120115.JPG



エエ感じです。ちゃんと油を注しておいた。




posted by at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月31日

ママチャリ小変更


今日は休みだったが結局買い出しやら何やらで一日終ってしまう。そんななか、シマノのブレーキワイヤーのセットがやたらと安いのを見つけてしまったので即買い。こんなに安かったっけ?


110831.JPG


アウターをよそから流用した関係でママチャリのブレーキワイヤーがえらく短くて取り回しが悪く、困っておったのですが、面倒くさくて2年もそのままだったんですよね。


0906014.JPG


ゴム製のグリップもバーテープに換えて、エエ感じになりました。


1108313.JPG  1108312.JPG


posted by at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

右ヒザ


110720.jpg

何年前からか、痛いというほどでもないが右ヒザの違和感が出るときがあって、そういうときには無意識的にかばうような動きになってしまって逆に良くなかったりする。今回も、レースのひと月ぐらい前から違和感が出ていて、バイクのときに右足の軌道が悪くて気になっていた。


レース中も思いっきりこれが出て、右ヒザが内側に入ってますな〜〜


posted by at 18:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

細くなったか、どうか、ランフォームは?


最後のゴール前を走っている写真があった。

1107132.JPG

2008年〜2009年にかけて一気に筋肉が落ちて尻や脚が小さくなってしまったのだが、2005年に横から撮った写真があったので縮尺や水平等を合わせて比較してみた。キャメロンのランフォームと比較しているやつである。ちなみに2007年ごろが一番身体が太くなっていたころで、2005年ごろはその2年前であるが、この岩国デュアスロンのときは受験勉強のために2ヶ月ぐらい練習を休んでいた直後でややデブっていた。

110713.jpg

一番右の今回は、真ん中の2005年と比べると少し尻や脚が細くなっているようだ。

ランフォームについて、一番右の写真は一番左のキャメロンと比較して、同じぐらい逆足が出ているように見えるが、これは間違いで、かかとの浮き具合を見てわかるようにキャメロンの写真よりも動作が先に進んだ段階であるため、すなわちこの段階ではもっと脚が前に出ていなければいけない。この部分はゴール前なのでなおさらである。進歩しとらんですのぉ〜

posted by at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月12日

だるいだるい


木曜日ぐらいからだるくなりはじめて、今回は回復が早そうだと思っていたが、月曜になってもやたらとだるい。マークアレンによると、足にできたマメの回復が身体の回復の目安になるよ、ということだが、かかとの流血した箇所は薄皮が張ったけど甲のカサブタの箇所は治っていない。まあボチボチ。

ところで、今回は練習が足りないのは承知の上なので、少しでも速く走るために減量をきちんとしなければ、というつもりであった。もともと67.5キロぐらいだったものを、ひと月ぐらいで64キロぐらいまでは落とした。練習が少ないので食事を減らして対応した。しかし、2003年の写真と比較するとあまり絞れていませんね。上半身の筋肉の付きかたはバランス良くなっているのかなあ…。シューズも、ハンドルも、サングラスも、前ホイールもジェットストリームボトルも、8年前と同じものというのはどうも微妙。

110711.jpg


posted by at 00:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月08日

赤外線通信



先日XPパソコンがぶっ壊れてしまい、ヨメさんがWindowsでないと使えないというのでしかたなく安物のレノボのWin7パソコンを買った。さらに、ヨメさんのポラールS710がぶっ壊れてしまったため、思いきって新機種のポラールRS400を買ったわけである。


110708.JPG


それで心拍データを吸い出そうと思ったら、古いUSB赤外線アダプタが使えない。ドライバがどこかにないかといろいろ調べたけど、Win7では厳しいようだ。


1107082.JPG


しょうがないので、新しい汎用品の赤外線アダプタを買ってみた。アマゾンで1900円ぐらい。


1107083.JPG


うまく使えて、自分のS610もRS400もそれぞれ認識できた。ぜんぶ使えますで。


1107084.JPG


ということで、「はつかいちみやじまトラ」のデータが吸い出せた。


110703.png


はつかいちネタの続きはまたヒマなときに〜〜


posted by at 09:10| Comment(2) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

出てきた!


110302.jpg

みなさんお騒がせしました!出てきました。

posted by at 21:30| Comment(9) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

チャリをパクられた




ハワイにも一緒に行った、長年愛用のスペシャ号を盗まれてしまいました。以下、もし見かけたら協力をお願いします。

広島駅横のフタバ図書前の歩道で自転車を盗難されました!黄色のスペシャライズドでコの字型ハンドルを付けたかなり変わった自転車です。目撃された方は広島駅交番082-262-0034まで。


posted by at 22:47| Comment(8) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月09日

現場より報告


熱が出たりしているので、いちおう今日まで休養して、明日から仕事しますので、よろしくお願いします。御迷惑をおかけして申し訳ありません。

ところで、火曜日はわりと身体が動いてたので、保険請求のために警察に現場検証してもらいました。そのついでに写真をいくつか。これが現場全景です。

101207.JPG

よくわかりませんが、路面についた下2つの傷が、チャリのハンドル幅と同じなんですよ。手の甲も擦りむいています。

1012073.jpg

となると、真ん中の深い傷は、ぼくの前歯で擦ったものではないかと。よく見ると2本の筋になってますね(笑)そこからオデコで1m弱スライディングしたらしくその先に血が広がってます。

1012072.jpg

事が起こった前後はまったく記憶がないので、もしかしたら誰かに恨みを買っていていきなりバットでぶん殴られたという可能性もゼロではないですが、おそらく立ち漕ぎ中に前輪に荷物が引っ掛かり、以下の図のように前転したものと思われます。

101209.jpg

たいしたスピードでもないのにこんなに前転するものかと思われるかも知れませんが、友人の経験によると、完全に前輪がロックすると時速30キロでもくるっと1回転して着地するようです。今回のように半回転というのは、歩道を走るチャリのスピードからすると妥当な結果でしょう。

今回の自分の被害は、前歯2本と下の歯1本、鼻骨と鼻中隔が折れて、あと顏と手の甲の擦り傷とムチウチぽい感じですが、歯が丈夫で鼻が高かったことにより歯と鼻に衝撃が集中して、全体的にはたいしたことなく終ったようです。もう少しずれてたら目が潰れていたかも知れないし、脳や脊椎にダメージがあったかも知れないし、腕や手がまったく無事だったのは奇跡的です。ただ納得がいかないのは、現時点で事故前後の記憶が無いのはわかるのですが、空を飛んでいる瞬間にはまだ意識があったはずで、そのときもう少し防御の姿勢が取れなかったものか?いろいろ考えごとをして焦っていたのか、ボケていたのか、自分の反射神経に疑いを持ってしまいますね。

鼻は手術でペンチを突っ込んでグリグリ治してもらいました。以前より鼻筋が真っ直ぐに通ったかも。歯も根っこが残っているのでうまく治るようです。みなさま大変ご心配おかけしましたが、たいしたことないです。心配していただきありがとうございます。
posted by at 10:12| Comment(10) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月06日

告知


ちょっと自転車で転倒してしまい、仕事を数日休みます。御迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

posted by at 15:24| Comment(15) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

S610復活


このあいだまたまたベルトが切れてしまったS610ですが、予備も買ったんですけどやはり使えるうちは使ったほうがよろしい。ということで、またまたベルトを替えましたよ。BAMBI B-X時計バンドというやつです。こんどは切れなさそうです。

1011272.JPG 101127.JPG

わりといい感じです。

posted by at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

やっといい感じに


101119.jpg

本業のほうはまだまだ軌道に乗らんけど、一日1時間ぐらいはどんなに忙しくなってもひねり出せるはず。練習できるかどうかは、精神状態次第みたいなところが多分にあるから、割り切って気分を変えた方がいい。そんな感じで、下関で33キロペース走をやって以来、ようやく身体がいい感じになってきた。ようやく「練習できる身体」になってきた。

体重はまだまだ67キロちょっとあって重いけど、地道に努力しているので下関前より2キロ以上落ちた。この調子だと1月頭には絞り切れる感じだが、あまり早く絞ると寒いので、2月ギリギリに合わせようと思う。今年はちょっと上半身に筋肉が増しているので去年ほどには落とせないだろう。おそらく63キロを下回る程度ではなかろうか。

ペース走もいい感じで積み上げられそう。あと2ヶ月、去年より念入りにしっかり準備できる。前脛骨筋やひざ、足など、思わしくない箇所もあるので、バイク練習なんかも交えてあまりたくさん走らずにコンディションを上げていきたい。ペース走とロングラン、週3回週60キロ以内で向上できれば理想的。月250キロ+あとはバイク練習といきたい。

ということで、当面の目標の2月の愛媛マラソンだ。去年はいまいちショボかったが今年は2時間40分を切りたい。ちょぼちょぼバイクもやるから、愛媛のころにはその先の予定も立つと思う。


posted by at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

ひざは問題なし


ひざ〜腸脛〜尻へと痛みが出たのが心配だったので、行きつけの鍼灸院で診てもらった。とくにヤバい状態になりそうなところはなく、ハムの過緊張によってひざの動きが悪くなったのだろうとのこと。前脛骨筋についても、疲労骨折に至るまではまだ大丈夫とのこと。昨日しつこくアイシングしたのもよかったようだ。

ということで、いつもの30キロ走の翌日、という程度のダメージしかない今日であった(笑)変なこだわりを捨ててはやくやめて正解だった。痛む箇所に気をつけていれば明日からでも走れそうだが、まあしばらくは衝撃を避けて脚を休ませよう。

posted by at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

ランシューのどうでもいい話


自分はあまりランシューズにこだわりがなく、練習でわざといろんなシューズを履けば足首の強化になるぐらいしか考えない。しかもあまり練習しないせいか、異常に長持ちする。つい去年ぐらいまで、2002年のアイアンマンジャパンで買った2900円か3900円ぐらいのサッカニーで主にトレーニングしていたし、職場や学校で走れる場合には別のシューズを置いていたけど、それらも全部7〜8年前のしかも5〜6000円ぐらいのミズノの安物。レース用シューズも現状ナイキとアディダスで2〜3足しかもってなくて、そのうち一つは、このあいだ昔のブログ記事を見ていたら6年ぐらい前の伊良湖のレースですでに履いていて、我ながらびっくりした。

以前公務サラリーマンだったときに、毎月の福利厚生の積み立て金の払い戻しで年に一回6000円相当ぐらいのものがもらえていたので、これは全部シューズにしていた。ただし6000円ぐらいのミズノかアシックスの安物しかない。で、それら新品在庫がまだ数足残っているのだが、去年サッカニーがダメになったときに練習用に一つ下ろした。すると、あまりに長く在庫していたせいか、新品にもかかわらずソールが剥がれていた!これはいかんでしょう。デッドストックのレアなシューズなんかでこういうことがあってはおおごとだ。ちなみにメーカーはアシックス。こだわりがないと書いたけど、よく考えたらアシックスやミズノではこの手のトラブルが何度かあり、どうも相性が悪いかも。

posted by at 21:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。