2008年02月07日

レース写真は有意義

動いているとよくわからないところが静止画ではよくわかるときがあって,もちろん逆もあるのだが,以前目パチパチ法について触れたし,同じようにレース写真も有効である.この点に関して,動きのいいアスリートはどんな瞬間の写真でもカッコよく写っているものだし,「見た目の悪さは効率の悪さ」という中山竹通さんの言葉はじつに正しいと思う.ただ,これにもレベルがあって,素人が見てカッコよく見える(=いい動きに見える)ものが本当にいいものなのかどうか,という問題はあって,レベルが高くなればなるほど,細かい点まで見えるようになるのだとは思う.

ということで,そういう点でけっこう気に入っている写真があって4年ほど前にもネタにしたのだが,なつかしのデュアスロン広島での写真に山口伸治と自分が写っていて,このときの自分の走り方には,自分の中でフォームを意識するときの大事なポイントがいくつかあらわれている.ここのところ一般人からのスタートに近い感じでトレーニングを再開しているので,常にいいフォームを意識しないといけないということで思い出した次第.

080207.jpeg


posted by at 14:13| Comment(6) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まさに昨晩、本を読んでランフォームについて気になっていたのでタイムリーなネタですが、レベルが低いためか僕にはよくわかりません、、、。
先日のレース予定の記事で知った、ミドルのデュアスロン、魅力的です。4月あたりの調整レースを探していたのでこれまたタイムリーでした。
Posted by 前田せい at 2008年02月07日 18:59
まいどです.ぼくも素人ですが,ずっと見てたらある程度わかるようになると思います.コツは,超一流の人のものを見ることです.一流半や二流の人のものではあまりよくないです(笑)ランスとかひたすら見るのがいいですね.

デュアスロン行きますか?ちょうどいい距離なんでうまく刺激に使えるといいですね.ぼくはその時期には一般人+2ヵ月といったレベルなんで,後ろのほうを徘徊しときますんで…
Posted by 前田ギン at 2008年02月07日 19:08
コレさんへ

写真が使われていたので二・三流なりに?コメントします。(笑)

効率の悪さを、自分で感じ取れるように意識して走っています。スピードアップは、車の運転「アクセルを踏み込む」くらいの自然な感覚にしたい。ふっと速度を上げられる。
まぁ、効率の悪い(知っている)まま走っていますが。。だってすぐに変えられんでしょ。

速い者は格好よく(よいフォームに)見える
フォームも大事ですが。確実な事を言えば、速さを求める事がフォーム改善になると考えます。身体的な問題で速度アップにつながらない事が多い。でも、ちょっとずつの反復、回数こなす事で身体が慣れて、出来るようになったりする。

速さにつながれば◎
フォームを真似ても、速さにつながらんX

リラックス度も大事
効率にも通ずる。長距離だとなおさら。

そんな事を思った次第。ではまた。
Posted by しんじ at 2008年02月09日 18:59
たしかにそうじゃね.ただ,わしの場合は走ったことない子じゃったけえ,背中の周りを意識して変えることによってだいぶマシにはなったよ.
Posted by コレ at 2008年02月09日 19:08
丸亀で失格になった者です。
ランフォームは色々考えますが模索中です。変なフォームでも速い人もいるのは何故なんだと思うことがあります。女子で自分よりちょい速い人は前田さんの写真のようなフォームじゃなくもっと脱力できてヒタヒタとスーッと走っている感じがします。私もそんな省エネな走りができたらいいと思うのですが。
前田さんと山口さんの写真ですが,前田さんのほうがかっこいい走りだと思うのですが,山口さんのほうが脱力できていて下りなら自然にコロコロ進んでいくように感じるのは私だけなんでしょうか。
うーむ,何がいいのかわからなくなってきた。
すみません,独り言でした。
Posted by 菓子パン at 2008年02月11日 21:01
まいどです.骨格にもよるからどうなんでしょう.ぼくは肩の辺りが特に力んで見える骨格のようです.つうか背中より下しかあまり気にして見ていませんけど.あと,体重が重い軽いもあると思いますから,ランナーの走りを参考にするのはぼくらには何の役にも立たないかもしれません.女子のランナー(すなわち菓子パンさんよりだいぶ軽量)で菓子パンさんよりちょっと速いぐらいだと,ランナーとしてはまあ2流以下だと思うので,見てもなおさらタメにならないかもしれません.ぼくの身長でランナーだと,体重は少なくとも−15キログラムだと思うし,上体を支えるのも楽だと思います.逆にトライの人は強力な背中を持っているはずで,それも利用して走るべきだと思うし.そんな感じでぼくはトライアスロンの人の走りを参考にしてます.
Posted by 鬼 at 2008年02月12日 00:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。