2007年06月21日

アイアンマンジャパン2007報告(中)

s-070621.jpg

ランは,3キロぐらいまでがんばってみたが,すぐに湯尻さん大橋さんとサヨナラでぜんぜんついていくことができなかった.自分の感覚はとにかくしんどく脚が動かなかったので,皆のいうとおり暑かったのかどうかはよくわからない.ウンコに一度だけ行き,2周目に入ってからはさらにペースが落ちてしまい,名取さんにも抜かれた.最後の6キロぐらいは少し体が動いてくれ,ふたたび名取さんを抜くことが出来た.河原選手でも2時間54分かかっているのでレースコンディションが厳しかったとしても,あと10分は速く走らないとレースしているとはいえない.これではジョグと一緒.3:26:24

070620R.jpg

トータルタイムは9:44:57,平均心拍数は144で,基準の150拍からすると前半は適度なペース,後半は−10拍よりさらに遅いペースということになる.鈴鹿さんのようなバイク5時間ラン3時間というような走りは今の自分にはとても無理,しかし今回の実力+レースコンディションでもバイク5時間ラン3時間15分で9時間20分は切っていないと自分としては納得できない.

070620T.jpg

s-0706212.jpg

同じくトラブルがあったり体が思うように動かなかった石倉さんとも反省したのだが,ひとつ可能性としてはTTヘルメットでは頭の後ろの負圧が少ないため,やや首がきついということが考えられる.そこから派生して背中の方にきて動きが悪くなったのかもしれない.簡単に適応できる人は問題ないのだろうが,自分のようにダメな人は練習でもTTヘルメットを使ったDHポジションの練習をたくさんするべきかも.で,レースで動きが悪かったときの常として変なところが痛い,腰の下の方が痛く背中のあたりが痛くないのでいいペダリングはまったくできていなかったのだろう.また心臓を追い込んだ感覚がまったくないので,筋肉や動きのほうが制限になっていたと思われる.

s-0706213.jpg


posted by at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | レース報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。