2014年07月30日

皆生2014

フェイスブックから転載:

今回はひさしぶりのロング復帰ということでとくに気負いはなかったが、宿の関係でいろいろあってほぼ眠れなかった。しかしこれはしょっちゅうあることで影響はない。

スイムの練習は今年に入って皆生までに30キロぐらい。しかし毎日そばを打っているのが筋トレになる。コースが以前と変わっていてどうかと思ったが、いつになく調子よく、水もきれいで周りがよく見えてペースをコントロールできて、人の後ろで抜くところは抜き、前に追いついたほうがよさそうなときは上げてうまく泳げた。自分にしてはえらいいいところで上がれた。

バイクについては相当抑えていくつもりでいたので、土手から上がってすぐ谷さんが来たけどマイペースを保つようにして付いていかなかった。まず信谷くんに追いついて、上り口で松下くん、秦くん、谷さんらしき3人が見えたけど、これもあえて追わなかった。しかし、それでも今の自分にはややオーバーペース気味だったのかもしれない。ペンション村のほうへ向かう上り口でチェーンが外れて、すぐに直したけどガシャガシャ擦れだした。そして早くも植田正治美術館ぐらいから中だるみを感じはじめ、淀江の坂は松下くんがいたのでそこそこまじめに上ったけど、その後はばてたような感じであまり気力もなくなり、こりゃ今日もダメかな〜と思いながら後半はかなりペースを落として走っていた。事前の「つもり」では抑えてても4時間20分ぐらいではらくに走れると思っていたし、たぶん後半だけで10分ぐらい時間を失ったと思う。ふたたび抜き返されたのはリレーの人と信谷くんぐらいだったが、松下くんや藤原さんがすぐ後ろに迫っているのは見えていた。

バイクでまったりしていたのがよかったのか、ランは走りだし快調だった。10キロすぎまで涼しくて楽だったので、マイペースで淡々と走った。キロ4分半ぐらい?どういうわけか、走れる人たちは誰も付いてきてないようだった。どこかのエイドに吉村くんがいたが、かける言葉がみつからず。

さてこのへんまではよかったのだが、恐れていた腹痛がやってきた。3位走行中に、一度草むらにそれてウンコしていたら一人抜かれた。道に戻ってすぐに信谷くん、石田くんに追いつかれ、だんだん暑く感じはじめ脚も前に出なくなってきた。信号待ちでしゃべったりながら4、5、6位で固まって走っていて、谷さん、秦くん、山本さんとすれ違い、折り返すとすぐに藤原さん、石橋くん、そのすぐ後ろに松下くん、静間さん、伊藤くん、全員走れる人たちだし、松下くんは「潰れろ〜潰れろ〜(笑)」などと声をかけてくる。こちらは腹が不安なので、やっぱり今日もダメだ、11位だなと覚悟した。復帰戦としてはまあまあ立派かな?イマイチしょぼいかな?とか、つまらんことを考えていた。

不安を抱えて走るより一度スッキリしてから自分なりにベストを尽くそうと思い、折り返しの次のエイドで2度目のウンコ。これでかなり前が離れて6位走行になった。弱気になったり、しかし往路の状況を考えるとみんな自分と同じように疲れているのは間違いないと思ったり、そうこうしているとだんだん涼しくなって走れるようになってきた。といっても脚は動かないのでピッチを上げて対応。井上靖記念館をすぎたあたりで石田くんに追いつけた。信谷くんはかなり前だが、目立つ赤いウェアなのでなんとか目視できる。これがいい感じで目標になった。お腹も微妙だったが、なんとかゴールまではもつと判断。そしてラスト4キロぐらいで信谷くんに追いつくことができた。ランコース変更後はじめての参加なので、長い陸橋のあとどのぐらいあるのかわからなかったが、なんとかいけそう。4位でゴールできた。無事に完走できてうれしかった。

しばらくして冷静に考えると、今年に限ってはいろいろなことが重なったため意外とトップとの差はなかった。これまでの皆生でのトラウマや他の走れる人たちのことを過剰に意識していたかもしれない、ウンコを漏らしてでも死ぬ気で走ればあと9分ぐらいはいけたのかもしれない。そこらへんがやはり二流選手ということなんだろうと思います。しかし、いまの自分がこれ以上を望むのはやはり贅沢だろうとも思います。

ということで、4位だと来年は招待してもらえるはずですが、はたして来年出られるかどうか?いまのところは五分五分です。招待選手ナンバーで走るのは気持ちいいんですけどね。去年までは到底無理だと思っていたロングに復帰できたので、いちおう「吟ちゃん2.0」ということで、これからもできる範囲でトライアスロンを続けます。またそのうち予選を通過してハワイに出ますわ。

いつもレース前20週間の練習量を基準にしてますが、今回は20週トータルで204h10mの練習だったので、週平均10時間ちょいです。スイム29.7kで8h36m、バイク4068.5kで134h10m、ラン783kで61h24m。仕事に差し障りないように、これ以上はちょっと無理です。来年はこの練習はできん、というようなことは一切していない(できない)ので、このぐらいやったらここまではいける、という基準はとりあえずできました。今年の反省としては、持久力が不安だったこと。バイクのロングライド自体が何年ぶりみたいなことなので、いつも中だるみしてくるとコーラを注入してごまかしていました。昔のように、補給をあえて少なくしたり200キロぐらい長く乗るようなことをやっていないので、それがそのままレースでも出たように思います。

あと、トシのせいかゴールした翌日の疲労感がかなり強く、以前は金曜日にはおさまっていたむくみが10日経っても取れません。身体が以前と変わりすぎていて、心拍があてにならなくなってます。バイクのペーシングをもっと正確にしたほうがよさそうだし、つくばでいろいろやったノウハウも生かせるので、そろそろパワー計を買おうかなと思います。お腹の具合に関しては、前日についつい食べすぎたようです。前日あたりにどんな過ごし方をすればいいかも忘れてました。これは環境が変わるとまた違ってしまうのですが。



10417726_668833336529016_7966829473334652818_n.jpg



10441236_668833369862346_8042735412964726070_n.jpg



10380346_668833339862349_3210001152676923443_n.jpg



10903_668833333195683_4837375514575790490_n.jpg



997018_668833409862342_3509924940142682882_n.jpg



10547422_668833403195676_7741089793832476328_n.jpg



1459768_668833406529009_1260066067295879777_n.jpg



10538534_668864113192605_7550989455436248491_n.jpg



10401603_668864019859281_4162790696017844120_n.jpg



10553621_665572086855141_6535317788537663244_n.jpg



10504960_668864083192608_6882109314722508266_o.jpg



10422166_668864016525948_3542628649854249226_n.jpg



10524587_668864076525942_2906970916894854836_n.jpg



10511237_668864129859270_8712281215326445847_n.jpg



10484547_668864006525949_6407066242858862769_n.jpg



10557368_668864086525941_8879787424261276991_n.jpg



10560584_668864169859266_6984731787655674866_o.jpg



10501732_668879643191052_3852577524560924818_n.jpg





posted by at 15:50| Comment(2) | TrackBack(0) | レース報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
絞れてる分、尚更「おっさんには筋トレ」が強調されてる気がします。ランスタート直後の横からの写真、前から参考にされてたキャメロンに当時より似て来たんじゃないですか?
パワー計測、20分T.Tより長い時間などトラロング向けなら心拍数から計測するパワーキャル十分使えますよ。心拍数からなので寒さ熱さとパフォーマンスの関係が従来の歪み計測からと逆になってきますが、、
Posted by 松村 at 2014年08月02日 12:45
おっさんに筋トレは必須ですね。シーズン中はほぼやりませんけど…

パワーキャルいけますか?ペダル式のやつだと、家のスピニングでも計測できていいかなとか考えてます。
Posted by まえだ at 2014年08月02日 21:36
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。