2013年06月03日

スクワットの角度




去年は夏から冬までみっちり筋トレをして体重は増やさずに筋力アップをはかれたので、今年のシーズンは大躍進の予定だった。しかし冬から春にかけて持久力のトレーニングに移行するときに大コケして、筋トレで獲得した筋力が落ちてしまった。

ただ、中身を細かくみると、ランはわりと調子よく、バイクが全然ダメということになっている。ランについてはNewtonシューズを買ってフォームを改善した要素もあるが、この差はどういうことだろうか。



いろいろ考えてみると、スクワットの角度の問題のように思う。ハムの柔軟性が少なく、またヒザが不安なので、自分の場合、スクワットではあまり深くまで沈み込んではいない。そのため、股関節が伸び切る直前のあたりはよく強化されているが、股関節が縮んだあたりはあまり強化されていないのかもしれない。この股関節の角度がそのままランとバイクのフォームの違いに対応していると考えるとつじつまがあう。ただ、過去にやってきた筋トレでは、充分バイクにも効いていたのだが…



ということで、今年の夏以降の筋トレでは、レッグプレスマシンを活用して深い角度を意識してみようと思う。従来のスクワットと深めのレッグプレスと二本立てでいってみよう。うまくいけば来年効果が出るだろう。








posted by at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。