2007年03月19日

トライアスロン用筋肉の話3

いろいろと気分が乗らず,前回からひと月も空いてしまったが続き。

ぼくぐらいの体格(身長170センチ68キロぐらい)でソコソコ満足できるバイク力ということになると,350Wを1時間ぐらいはキープしたい。これはぼくの体格だと無風平地+DHバーの条件で時速43キロちょっとに値するが,1時間このくらいは出せないとハワイでコンスタントに5時間切り(世界標準のエイジグルーパーのバイク力)はできないと思われる,もちろん身体の大小で必要出力は変わるが。

で,350Wの出力のときにペダルを踏み込む力はどのくらい必要なのかということになると,80〜90rpmで回すとして,1回転に平均してトルクがかかれば約25kgでよい,しかしペダリング1回転中にはトルク変動があるのでピーク時には約45kgの力が必要になる。このぐらいの踏力が片足5000回ずつキープできれば,上記の条件で走れるわけだ。そこらへんから逆算して,このぐらいの出力を出すためには,スクワットやレッグプレス,もちろんバイクに乗ってでもいいが,脚にどのぐらいの筋力を養成しなければいけないのか?ということになる。

誤解を避けるため…このテーマのはじめから何度も触れていることで,もちろん心肺機能はこの出力に完全に対応していなければいけないわけだが,それはここでのテーマとは関係ない。簡単にいえば,一流マラソンランナーで少し大柄な選手であればこの程度の「心肺機能」は有しているが,この程度の「筋力」はまったく有していない,ということで。


posted by at 12:11| Comment(2) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
バイクのケイデンスの情報を探していてたどりつきました。

350W、80〜90rpmの場合の平均トルクが25kgというのは、どういう計算で出てきた数字ですか?お手数ですが、教えてください。
Posted by 通りすがり at 2007年04月10日 22:19
読んでいただいてありがとうございます。毎秒1Nmの仕事率が1Wなので1kgm≒9.8W,350Wだと約35.7kgmということになり,クランクの長さを17cmとして90rpmで回しますと1秒あたり約1.6m移動して,この場合の力(トルクではなく)は35.7/1.6≒22.3kgということで,80〜90rpmだとだいたい25kgぐらいと書いた次第です。ただしこれは平均に力がかかった場合であって,ペダリングの巧拙によりますがピークで45kgほどになります。もし間違っていたら指摘していただければと思います。
Posted by 前田良孝 at 2007年04月10日 23:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。