2005年01月17日

ランで一番大事なこと(素人による素人のためのラン話1)

はじめる前に大前提を…正しい動きというのは非常に大事である。しかし,正しい動きができれば無限に速くなるわけではない。かなり前の記事でも書いたが,筋肉や心臓出力がまずその人の限界を決める。その中で動き作りというのは,自分のポテンシャルを最大限出せるか,やや制限されるか,程度の違いだと思う。だから,基礎体力もないものが2軸走法だなんだといってもどうしようもないわけだ。とはいえ間違った動きが故障の原因になることもあるし,動き方,スキルというものは一朝一夕につくものではないから,まじめに取り組む必要は大いにある。

ーーーーーーーーーー

世の中’なんば走り’とか2軸走法が大ハヤリだ。これの有効性はぼくははっきりいって認めるが,ちょっと待て。そんなことは後回しでよくて,それより素人的にはもっと大事なことがあるのではないかとぼくは考える。そもそもマラソン中継などでは正面からの映像が多く,懐かしの宗兄弟なんかはグチャグチャな走り方だったと思っている人がケッコウ多いのではないか?

しかし,もっと重要なのは横から見た映像だとぼくは思うわけで,そういう観点から見ると彼らは全然グチャグチャではないわけです。人間は前に進んでいて横に進むわけではないので,横から見て正しく前に進んでいることが一番重要だ。


posted by at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。