2005年01月15日

美味礼賛

海老沢 泰久



大阪には辻調理師専門学校なるものがあり(同じ大阪の辻学園〜とは違う),そこの先生方はよくテレビにも出演している。現在にまでその崇高な精神が受け継がれているかどうかは知らないが,この学校の創業者は今は亡き辻静雄という人だ。この本はその辻静雄氏の半生を元にした伝記小説である。10年ぐらい前に図書館ではじめて読んだときはハードカバーだったが,現在では文庫になっている。

ぼくは食いしん坊なので,料理の本も結構読む。作り方の本も好きだが,料理の歴史や知識,文化といった内容も好きだ。日本ではなんでもかんでもインスタントで,ホンモノが少ない。町並み,建物の質感,家具,音楽,テレビ番組,料理,コーチ(笑)なんだってそうだ。もちろん,ホンモノは無駄が多かったりすることもあるし,ニセモノでも用は足せるのだ。しかし,人間の文化とは用が足せればいいものだろうか?もちろんぼくは若者で貧しいので,ホンモノに触れる機会はごく少ない。しかし,ホンモノが存在することは知っておきたいと思う。

辻静雄氏は,この役に立つかどうかわからないホンモノを料理の分野でとことん追求した。人によっては,ただのいやみなヤツに感じるかもしれないが,そう思う人は損な人だ。この伝記本で辻静雄氏に興味を持ち,いろいろな本を読んだが,最近またまた文庫で再発されたのを本屋で見かけたのですぐ買った。2冊を1冊にまとめたものが3冊シリーズでかなり量がある。おすすめです。

  


posted by at 00:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 本を読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

グルメマンガ・書籍の紹介1
Excerpt: 僕の趣味の一つとして料理系の書籍・マンガを読み漁るというのがあります。今まで読んできた本を紹介します。気が向いたら、一読すると人生に深みが出るかも!?マンガ「おせん」きくち正太著東京都下の老舗有名料亭..
Weblog: おやじーず日記
Tracked: 2005-05-21 16:43
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。