2004年12月01日

フルマラソンの自己記録の変遷(恥)

フルマラソンとロングのトライアスロンを数えてみると,いままでの6年間で18回フルの距離を走っている…。お粗末ながら記録とそのときの簡単な状況を記してみると,

 1998.11 広島ベイ
 3:19   :初マラソン25キロ以降つぶれる,体重62キロ

 1999.11 広島ベイ
 2:53   :30キロ走を多くやり当時としては完璧に走りサブ3

 2000.2  吉備路
 2:57   :記録を狙って30キロ以降つぶれる

 2000.11 福知山(公認)
 2:59   :練習不足でハーフ以降つぶれる

 2001.2  吉備路
 2:55   :サブ3のペースメーカーでばっちりサブ3成功

 2001.11 福知山(公認)
 2:59   :記録を狙って25キロ以降つぶれる,体重63キロ

 2002.2  吉備路
 2:58   :記録を狙って30キロ以降つぶれる,ついでにこの日に前の嫁さんに逃げられた(笑)

 2003.2  愛媛(公認)
 2:56   :アイアンマンNZの2週間前の刺激として出場,前日はバイク120キロ以上ガンガンに乗り,レースではアイアンマンの心拍数をキープして走る,体重64キロ

ロングのトライアスロンでのランタイムは

 2000.7  IMチェジュ
 3:51   :初アイアンマンでおそるおそる走る,体重62キロ

 2001.6  IMチェジュ
 3:28   :当時としてはうまく走る,体重63キロ

 2002.5  IMジャパン
 3:05   :めちゃくちゃ調子よく完璧に走る

 2002.7  皆生
 3:34   :体調やや不良&猛暑でゆっくりめに安全に走る

 2003.3  IMNZ
 3:25   :ラン2キロ地点で足首ねんざして激痛,そのまま無理やり走る,体重64キロ

 2003.7  皆生
 3:40   :バイクから腹痛でトボトボ移動しただけ

 2003.10 IMハワイ
 3:23   :ハワイ島のパワーにやられ撃沈

 2004.5  IMジャパン
 3:22   :ラン12キロ地点ぐらいでつぶれる,体重65キロ

 2004.7  皆生
 3:21   :練習不足のため速く走れないがその範囲内では完璧に走る

 2004.10 IMハワイ
 3:24   :ウンコ4回で10分以上ロスした以外はうまく走る

こうしてみると,トライアスリートとしてバイクのために筋肉を増やしていることで純粋に走るのには年々不利になっているのだが,一応それを上回って実力は上がってきている(タイムとしての結果は出ていないが)。ただし2003年のアイアンマンNZのレース中に,しばらくは歩くのも困難なほどの故障をしてから,ほぼ完全に治ったと思われる2004年のアイアンマンジャパンまでは,ランの実力を伸ばす余裕はなかった。あと純フルマラソンにおいては,記録を狙ってはつぶれるパターンを繰り返していて,ゆっくり走ったほうが結局タイムがいいお粗末な状況。いまだ50分すら切っていなくて,今よりずっと遅かったころのベスト記録でいいかげん恥ずかしい。

距離が長くなるほど,完璧に走ってそのときの実力を出し切るのはなかなかむずかしい。これでも自分は結構うまくコントロールしているほうだと思うが…ただ自分の場合は,根性とか気持ちとか想い(笑)なのかどうなのか知らないが,つぶれてもいくらしんどくてもそこそこ低空飛行で粘り,歩いたり等のさんざんな大崩れは一度もないのがささやかな誇りである。


posted by at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。