2004年09月15日

目標の立て方4

徐々に走れるようにはなったが,数ヶ月のあいだは4キロを30分ほどかけて,それでも死にそうになって走っていた。スポーツクラブには大抵エアロバイクがあるが,これで体力測定をやると,たしか平均値までいかなかったと思う。運動生理学の本で調べると,その人のVO2MAX(最大酸素摂取量)はトレーニングによって+40%ほどしか増えないと書いてあり,それから判断すると,トライアスロン始めてもまあまあ一般完走者レベルまではいくかな?これがぼくの’1.の目標’だったと思う。その頃,はじめて思い立って9キロほど一気に走ってみた。これが途方もなく長く感じられ,ものすごい達成感があったのを思い出す。だからそんなぼくからすると,運動を始める人たちを見ていて,10キロのレースとかにいきなり出て,走れてしまうのがすごいと思うのだ。ましてマラソンなんて…

とにかく体はボロだったので,3ヶ月ほどは筋トレ&スイム&ランに終始して下積み生活,ランは週2でいっぱいいっぱい。冬にバイクを買った。このころはさすがにキロ5分ぐらいで走ることが可能になっていた。この時点での’1.の目標’は,何だったっけ?’2.の目標’は,死ぬまでにたった一度でいいからフルマラソンで3時間を切りたいというものだった。’3.の目標’はもちろんハワイ出場!

バイクはとにかく楽しかったのですぐにロングライドもはじめたが,当時は100キロのうち75キロ過ぎるともう足がダルくてバテバテになっていた。だからそんなぼくからすると,いきなり100キロとか平気で乗れる人はすごいと思うのだ。3年目の1999年には,はじめて年齢別で表彰台に立てた。このころの’2.’は,死ぬまでにもう一度ぐらいは表彰台に立ちたい,だったと思う。’3.の目標’はもちろんハワイ出場!フルマラソンで3時間というのはこの頃には’1.の目標’になっていた。


posted by at 06:40| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。