2004年07月25日

皆生報告2

バイクスタートしてみて,こりゃーどうも,ありえないような遅い位置からのスタートのようだ。普段抜いていく顔ぶれとはちょっと違う,というか知らない人ばかりのような感じでテンションが上がらない。心臓が出来上がっていないぶん足の負担は少なく,体が暖まらないのかしんどくないからなのか,とにかく眠くて眠くてしょうがない。ということで,序盤はもうろうとしており,あまり覚えていない。

大山道路の上りまできて,辻信造さんと河村政勝さんに追いついたあたりから,なんとなくエンジンがかかってきた感じ。ぼくはビッグディーゼルのウルリヒ以上にスロースターターかもしれない。いつもは植田写真館でみんなが応援してくれているが,今年は岸田くんがみんなを連れていろいろ動いてくれ,大山道路の中腹にいてくれた。少し勾配がゆるい場所だったし,眠気覚ましに心拍をあげて時速40キロ以上で通過した。



posted by at 22:07| Comment(0) | TrackBack(0) | レース報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。