2004年07月09日

Return Of The Space Cowboy

Jamiroquai



こいつらは日本では人気があるのだろうか?よく知らない。かなり以前のアルバムだ。彼らはこのアルバムから知って聴きはじめた。彼らの中では他のアルバムに比べるとダークな印象だが,けっこう好き。それはそうと,はじめて聴いたとき,’うわースティービーワンダー!!’と思った(誰でも思うか)。ソウルR&B系,姿は見たが,リーダーのジェイケイは絶対に色の薄い黒人だと思っていた。アナログシンセ,エレピがいい。骨太ベースがいい。楽器の使い方,音が’きれいになった70年代サウンド’といった雰囲気でよい。この頃はレニーもまだ70年代男だった。でもドラムは昔っぽくないか…

まだこのアルバムのころは,あまりファンクぽくない。彼らのアルバムの例に漏れず,はじめのつかみの数曲は良く,だんだんしょぼく中だるみするが,最後のスペースカウボーイが一度終わって,またリプライズするのがかっこいいい。


posted by at 23:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。