2004年01月18日

最大酸素摂取量測定レポート2

金曜日にグリアリでの最大酸素摂取量測定の付添いをした。今回は4人予定だったのだが,尼ねえちゃんが風邪でダウンのため3人となった。

はじめはヒロmoriさん53歳とは思えない有酸素能力を発揮した。特に心電図測定時でさえ42拍とすごい心臓で,おそらく最低心拍は35以下であろう。MAXは160台だったので,練習で例のマ○ェトン理論の心拍を当てはめると明らかにオーバーペースとなる。うまくトレーニングできて今年こそアイアンマンジャパンで15時間以内完走できるといいですね!

次は元ハードラー23歳なおちゃん。心拍数は年相応普通であったが,さすがに元ハードラーだけあって,無酸素域になって粘る粘る!ぼくとはまるで正反対の結果であった。しかし長距離選手としては,まだまだ,有酸素能力を開発しなければいけない。

最後に36歳丸本さん。以前から,巨大心臓疑惑があったが,案の定MAX170台前半であった。体重がベストの1割増程度で,スピードのわりにやや酸素消費量が多いようだった。しかし思うに,トライアスリートは身体が重いので,体重で割った最大酸素摂取量の数値で評価するのでは不利ですねー。


posted by at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。