2007年01月12日

In the Jungle Groove

James Brown

クリスマスにJB師匠が死んでから,ひさしぶりにファンクばかり聴いている。あのエネルギーの塊であるJB師匠が死んだというのはどうも信じられない気持ちだったが,アポロシアターでのお葬式の模様,師匠の最期の姿を公開しているのを見て,ああ本当に死んでしまったんだという悲しい気持ちになった。アポロシアターでは延々とファンクミュージックが流れ,ファンが寒いなか最期のお別れをするために,師匠の往年のライブのときのように延々と1キロほどの行列ができたそうだ。

JB師匠の場合,スタジオ版の発表当時はシングル曲ということが多く,ベスト版や後日まとめたものなど「アルバム」としてはわけの分からん状況である,ライブアルバムはそれなりにまとまっているが。そんななかで,「世界中でもっとも多くサンプリングのネタにされた」というのが1986年に出たこのアルバム。曲自体は1970年ごろの代表的なものばかりである。

B000001FJV.01._AA240_SCLZZZZZZZ_.jpg

JB師匠がノりにノっていたころで,どの曲も超最高のファンクミュージック!ボビーバードの合いの手もばっちり入る。Give It Up Or Turnit A Looseはリミックスと書いてあるが,はじめのスタジオ版とは別テイクで,Sex Machineのテイクと同じもののリミックスである。

JBをきちんと聴いたことのない人は,こちらがおすすめお子ちゃまベストアルバム。

B000001DUP.01._AA240_SCLZZZZZZZ_.jpg


posted by at 22:32| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

Get Up!
Excerpt: カバディ日本代表になってインド遠征する夢を今朝見ました。 でも相手のコートに入ったらずっと「ゲロッパ、ゲロッパ」と言い続けてたのであれはカバディじゃなくてゲロッパっていう競技で、僕はカバディ日本代表じ..
Weblog: 謎の小袋 80袋
Tracked: 2007-01-14 00:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。