2006年12月21日

トライアスロン選手の最適体重についての考え3

前回までのようなことをふまえて,一般人ではおおまかに除脂肪体重の45%を筋肉とすると,

○170cm,63kg,体脂肪率16%の平均的日本人
→除脂肪体重52.9kg=23.9kg(筋肉)+29kg(骨,内臓ほか)
○180cm,75kg,体脂肪率16%の平均的外国人
→除脂肪体重63kg=28.4kg(筋肉)+34.6kg(骨,内臓ほか)

骨,内臓などは固定して考えると

○180cm,72kg,体脂肪率6%の平均的外国人アスリート
→除脂肪体重67.7kg=33.1kg(筋肉)

ここで以前書いたぼくの体重の変化を考えると,

170cm
○1996(運動開始時):
64kg,16%→53.8kg=24.2kg+29.6kg

骨,内臓などは固定して考えると,

○1997:
61kg,7.5%→56.4kg=26.8kg

==中略==

○2003:
64kg,6.5%→59.8kg=30.2kg
○2004:
65kg,6.5%→60.8kg=31.2kg

このように考えると,筋肉33.1kgを得るためには体重72kgになる必要はなく,体脂肪率6.5%で67kg,体脂肪率7.5%でも68kg弱の体重で済むことになる。

つづく


posted by at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。