2012年09月11日

InBody測定じゃ




この手のインピーダンスのやつは疑わしい。自分は乾燥肌だし手も脚も長いので、高い抵抗値が出てしまう。まあしかし自分だけの基準には使えるから、やってみた。



120911.JPG



いつも高めに出る体脂肪率が、汗をかいていたからか、8.3%などと出た。レース後すっかりデブっているのでこんなに低いわけはないのだが…。それはおいといて、腕と胴体の筋肉量は標準に毛の生えた程度、脚の筋肉量は標準の1割り増しというのがわかった。全盛期にくらべると筋肉が5キロぐらい減っていて、尻や脚も細くなっているので全体のバランスはあまり変わっていないはずだが、この年齢からガンガン筋肉が増えるわけもないので元の身体にまでは戻らないとしても、やはり胴体部分の筋肉はもう少し必要ですね。







posted by at 23:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
inBodyはワタシが某スポーツクラブ入りたての時にサービスでついていたのでやった時は「階段を上がるのもシンドイでしょう」みたいな評価が出て、何じゃこりゃ?と思いました。聞くとモチベーションを高めるためにシビアー目に設定とかなんとか。そんな要らんことしないで正確を期してくれや。と思ったものです。
一所懸命やってたらそのうち理解されてインストラクターも声をかけなくなりますよ。それより常にコワイ顔して、たとえお店の馴染みであっても一線を画くして決して話し相手にならんことです。なかよしができたらムダな時間が絶対に生じます。
Posted by 収入役 at 2012年09月14日 23:17
(笑)以前アルパークのセントラルでもコワイ顔作戦でやってたんですが、根がこれなものですから、すぐにバレておばちゃんとかにも気軽に話しかけられるようになってしまいました。今度こそ孤高の悪人ヅラでやります!
Posted by まえだ at 2012年09月14日 23:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。