2012年09月09日

練習の組み立て




週1〜2時間のスキマ練習ながら、体調を判断して、なんとなく練習頻度や練習間隔について考えてはいるのだが、結果としては場当たり的な練習になっている。これではきちんとした強化はできない。いま強化しようとしている内容についてちゃんとスケジュールを組んだうえで、できるときはやる、できないときはできない、という方式でやっていかないと。



また、長時間*高密度の仕事が重なって疲れる→練習ができん→体力が低下、というジリ貧の流れはどうしても回避しないといけない。どこかで無理が生じてでも、ジリ貧を脱出していい軌道に乗せなければいけない。まあそうは言っても繁忙期はどうしても無理だったりするときもあるので、限度がある話で、なかなか難しい。こういうことはしっかり自由時間がある場合には頭でわかっていてもイマイチ緩くなりがちだが、練習時間が本当に貴重である場合にはきちんとやらないと。油断していたら落ちるばかりだ。






posted by at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。