2005年04月07日

筋トレについて

今シーズンの導入としては,以前書いたような理由で筋トレを重視している。で,フォームとか競技に直結するように正しく行なうとか柔軟性を失わない…といったことについては新トレーニング革命を読むとして,いくつか気をつけている点を書く。

まず,ぼくの競技は長距離であり,不必要な筋肉をいくらつけても意味がなく,獲得した筋肉を競技の特性にあったものに作り変えていかなければいけない。そこで筋トレをした後に必ず競技の動きを入れて,筋肉に覚えこませるようにする。似たようなことだが筋トレピリオド終了後の作業として,より筋持久力につながるよう,実際動作の高負荷練習をうまく取り入れていく必要がある。

また心肺機能への影響を考え,セット間の休息を適切にするようにしている。勝つための自転車レーステクニックにはシニアならトータル15tは挙げろと書いてあるが,これを少なくとも30分程度で終えるようにしている。あまり心拍数を落とさないで行なえば,あまり重さは挙がらないかもしれないが,獲得できる筋肉の質は筋持久系になると考えてみたりする。


posted by at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。