2006年11月25日

東京の原地形

もともと東京の原地形に興味があって,機会を作っては徒歩ママチャリで徘徊して楽しんできた。坂道好きのタモリさんもそうだが,平地の街で育った人間からすると,東京のように「複雑な地形に無理やり作った街」というのは非常におもしろい。坂の街といってもサンフランシスコほどになるともっと急な山に無理やり碁盤の目を当てはめたような感じで,単純であまりおもしろくないしMTBでも登れないような坂ばかりで厳しい。東京はもともとの地形に沿うようにして道が走ったり川がいつの間にか消えたり土地の性質が決まったりしているところがいい。ちょっとカシミール3Dで遊んでみた。

麻布虎ノ門一帯だと,Aの狸穴坂などは一度歩く価値があると思うし,Bのように下るとビル街から一気に昭和の町並みのような世界に迷い込むのでびっくりすること請け合いだ。アメリカ大使館の横のCの下り坂もいい↓↓

azabu.JPG

四ツ谷赤坂一帯も大変おもしろい。Aの四ツ谷駅とBの上智大グラウンドはもともと外堀の一部だったり,Dの紀尾井坂はこんな感じで大久保利通がここで暗殺されたのもなんとなく分かるような地形だ。現地に立つと道路や赤坂御用地で分断されてよく分からないが,若葉町あたりの谷と赤坂御用地内の谷が合流して溜池方面に流れていき,Cの鮫河橋坂はそこを横断しているわけだ。Eなどはママチャリでは困難なほどの急坂だった↓↓

aka.JPG

渋谷一帯はその名のとおり「谷」で,新宿御苑のほうから流れてくる渋谷川に他の谷が合流している。地下鉄銀座線は渋谷駅で地上に出てくるがべつに線路が上っているわけではなく,地面が勝手に下がっている。表参道は渋谷川を横切って下って上っていて神社マニア的にはその感じが参道としてとてもナイス,Aの竹下通りは明治神宮からくる沢を集めた谷底である↓↓

s-shibu.jpg

ちょっと引いて全体で見るとすごい地形だ。Aが渋谷だが渋谷川の源流は新宿御苑横の天龍寺の池だそうで,Bの青山墓地のところはこんな感じで,Cの溜池は今は地面だがもともとはほんとに「溜池」で,最近住人がが引っ越してきた首相官邸は堀に突き出た天守閣のようなものか。Dのあたりを見ると,上智大学グラウンド側への谷と溜池側の谷と泣き別れになっていたようだ。江戸城は台地の海側終点にうまく地形を利用して築かれたのがよく分かる↓↓

south.JPG

ちょっと北のほうに行くと,Aが不忍池だが根津のあたりは大昔は川で,Bの上野の山は台地の一番端っこ。Cのところが千鳥ヶ渕と牛ヶ渕の合わさるところで,靖国神社をここに建てると効果的なのがよく分かる。九段の坂は工事でなだらかにしたらしいがよく見るとそのように見える。Dのあたりを見ると,上智大のグラウンドのところは人工的に掘り込んで外堀の一部にしているし,Eのあたりを見ると平地を掘っていて,自然の地形を利用しつつ外堀を巧みに誘導しているのが分かる↓↓

North.JPG

こうしてしっかり引いてみると,人工的な高低差も確認できるけど自然の地形はしっかり残っている。いや〜〜こりゃほんまにおもしろいですね〜〜

all.JPG


posted by at 12:15| Comment(1) | TrackBack(1) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
9|(]Y#g8, www.tokyolibrary.net, �G�������d�q��-byTLB.NET, http://www.tokyolibrary.net/
Posted by �G�������d�q��-byTLB.NET at 2011年10月25日 12:40
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック


Excerpt: 竹下通り竹下通り(たけしたどおり)は、東京都渋谷区原宿にある商店街。お店は若者向けの派手なファッション・ブティックがメーンで、チェーン店が少ない。.wikilis{font-size:10px;col..
Weblog: 街-NAVI
Tracked: 2007-08-01 10:38
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。