2012年04月04日

バッタもんのWネックが欲しい




やっぱツェッペリン、ジミーペイジを愛するものとしては、12弦のWネックは絶対に必要じゃないですか。ストラトやレスポール、ダンエレクトロは持ってるから、まあテレキャスは持ってないけど、あとWネックさえあればあの曲もこの曲も弾けて、九分九厘満足できるわけですよ。



これ、なかなかええんですよ。12弦側のヘッドは長いし、テールピースはちゃんと後ろについてて、ほぼ再現している。違うところはボリュームつまみとスイッチのつまみとナットの材質、あとはヘッドが無印なところぐらいです。

120404.jpg



ギブソンの通常ラインのWネックは40マンぐらいで、カスタムショップのジミーペイジのシグネイチャーモデルは数百マンするらしいんですが、このバッタもんギターはなんと12マン!でも日本製なのでそんなにひどい作りではないと思うんですよ。ピックアップを換えたらそれなりの音になるはずだし、ヘッドに「Gibson」のシールを貼ればほぼオッケーだと思うんですよね。いやーこれホンマに欲しいんですよね〜〜





posted by at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。