2012年02月29日

DSDについて




MDの当時よりもだいぶマシになった、ということで、ここのところ音楽を聴くさいには、オーディオインターフェイス以降がそこそこきちんとしていさえすれば、PCにつっこんだMP3のVBR200kbps程度で充分だろう、という気分でいた。アナログのころの音の勢い、みたいなものは感じないけど、ノイズもないし、かさばらないし、便利便利、みたいな。



しかし先日、お世話になっているミュージシャンの方にDSDを教えてもらって、これはホンマにびっくりした。1ビットとかSACDとか言われてもなんにも関心がなかったけど、ぱっと聴いてすぐにわかるぐらいメチャクチャ音がいい!



順を追って説明すると、1年ほど前に縁あってマイルス等のアナログ盤の程度のいいものを、そのミュージシャンの方経由でいくつか入手していたのだが、これを1ビット5.6MHzで取り込み直してやるから王子様とスマイルズのLPを持って来いということになったわけである。当然のことながらデータサイズが半端なくでかいので、DVDにアルバム1枚ずつしか入らない(笑)



王子様

120229.jpg



スマイルズ

1202292.jpg



で、再生ソフトをインストールして、うちのDACがそこそこのものでしかないので再度44.1kHzに再変換して聴く必要があるのだが、これがもうぜんぜん音が違う!エコーの余韻の感じとかそういう細かい部分はもちろんとして、昔のアナログのグワッとした勢いのようなものも感じる。いやーすごい。ま、これはじつは昔のアナログ盤がいかにいい音だったかというのを再認識しているだけのことではある。いまのところはまだ音楽ソフト自体がまだまだという問題があるけど、今後どうなんでしょうかね。クラシックとかだとものすごく違いがわかると思うけど、一過性のポップスしか聴かない一般人にはぜんぜん必要のない世界、かもしれない。





posted by at 16:29| Comment(4) | TrackBack(0) | 音楽を聴く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
最近 Bill Evansからフジ子へミングへと聴くものがかわってきました。やっぱりいい音で聴きたいけど、音の違いがあまりわからないので、そのまま聴いてます。調子はまあまあです。
Posted by みほ at 2012年02月29日 18:14
そうか。ひとによるのー。わしはBill Evansのほうが好きじゃわー。

調子は、気分だけ先行しとるようにみえるので、ボチボチのー。いつでも相談にきて。
Posted by まえだ at 2012年02月29日 19:00
マイルスの10CDBOX買いました。Walkinが好きですね〜

おやすみ音楽にしてます

Bill Evansもいいですよね、

調子はイマイチです。
Posted by ザイマ at 2012年02月29日 23:03
オツカレです。けが、厳しそうですが、焦らず治してください。痛み止めは症状じたいを治してはくれませんし、目先で無理してもホンマ、なんにもええことないんで…

マイルス、ちょっと言ってもらえれば、日本で手に入るものならたいがいウチになんでもありますんで(笑)
Posted by まえだ at 2012年03月01日 00:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。