2012年02月16日

気合いの問題




トレーニング日誌を見返すと、去年のはつかいち大会の前の準備としては、2010年の12月は例の顔面事故をやってひと月休んでおり、明けて2011年の1月以降ほとんど週1〜2時間のごまかし練習であったが、出場を決断してから4月合計で15時間ほどの練習をしたあとにアクシデントで2週おいて、5月からレースまでの8週間トータルでざっと50時間程度の練習量である。



今の時点でレースまで18週なので、細々とでも練習をはじめられれば去年よりはマシな身体になるだろうと予測。いまの自分の場合だいたい週80時間ほど、忙しい時期はもうちょっと長く働いているが、この2年間の自営業経験からして現状の労働条件でも「気合い」さえあれば最低限の練習はできるといえる。逆に、気合いがなければとても練習などできたものではない。



そこらへん、気合いは身体の状態とも密接に関係しているので簡単にはいえないが、身体の波と、ランスの復帰によって刺激された気合いがマッチして、うまく乗っていければと思う。1月は落ちていくばかりでしんどかったが、ようやく上向きそうな気配。本業はベストを尽くし、練習は合間合間で、がんばるで〜






posted by at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。