2005年03月10日

正しいスクワット

ランニングの話でちょっと出てきているのと,バイクのフォームの話のときのコメントに対する返事をする前段として,念のため正しいスクワットの話をします!

前回ラン話のときの図は,ランの説明なのでありえないぐらい前に立つような図になっていておかしいですが,本来は下図のように,

・ひざが前に出ないように
・上半身のアーチを作って
・ハムストリングスの張りを感じながら
・上に挙がったところでも背中の緊張は緩めないように
・バーの軌跡はできるだけ鉛直上に

正しいSQ.JPG

という感じを意識して行なうといいと思います。このようにやると,柔軟性がない場合前かがみになったり後に倒れそうになったりしますが,かかとになにかをかませると楽にできます。腹筋で腰を守りましょう!できるだけベルトを用いて腹圧を高め,腰を守りましょう。あと,トライアスロンの場合,右下のように股関節の角度を深くしゃがむ必要はないと思います,そのへんはまたバイクフォームの話と関連するので次回…
(追記:スクワット頭の中で思い出して書いたらちょっと違っていました。こちらで


posted by at 12:44| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。