2011年10月29日

2テラ




2年ぐらい前に買った外付けの500GBをタイムマシン用にしているが、iMacの内蔵ハードディスクが250GBしかないのと、昔買った100GBのやつにデータを入れているがこれの動作がかなり不安定化していた。とくにiMac本体の250GBがやばい。音楽データの量が半端でないため、かなりキツキツになっている。



それに加えて、タイの洪水でハードディスクが値上がりしているそうな。ということで、急きょポチりました。2TBで7980円。



1. まず2TBにパーティションを切って、片方をタイムマシン用に確保して、残りは予備のデータ用にする。
2. 新たなタイムマシン用の領域にシステムのバックアップをとる。
3. いまタイムマシンに使っている500GBをフォーマットして、そこに内臓250GBの音楽データと100GBのデータを移す。
4. 100GBは御役後免!店のeMacのハードディスクが40GBしかないので、予備用として使うかね。



111029.jpg



2.のところで当分かかりそうです。



思えば、むか〜〜し20年近く前にX68000用に買った外付けハードディスクは、80MBで5マンぐらいしたような気がする。PowerPCのMacの内蔵ハードディスクはたしか1GBだった。2テラとか、そのころからすると信じられん容量ですね。15万倍ほど単価が下がっているわけなので、きっちり2の2乗ずつ増えていってますね〜〜。






posted by at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
MS-DOSを使っていた頃の外付けがたった40MBでした。
その中に一太郎、花子、Lotus123、ファイルメーカーを入れてましたがまだ広々していました。
隔世の感有り、です。
Posted by 収入役 at 2011年10月31日 12:26
Windowsは3.0、95、2000、XP、7、ぜんぶ嫌いですが、PC98時代MS-DOSは学校でよく使っていて好きでした。X68000のOSもMS-DOSとほとんど同じでした。一太郎花子なつかしいです!
Posted by まえだ at 2011年10月31日 23:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。