2006年07月31日

プラネタリウム

この間の週末は足が痛くて予定していたトレーニングがパーになったので,気分を変えてつくばエキスポセンターのプラネタリウムに行くことにした。ヨメさんが行きたがっていたのだが,広島にもこども文化科学館という施設があって自分もガキのころはけっこう通っていたし,星の本を見るのは好きだったのだ。さて,行く前にネットでいろいろ調べていると,現在世界で最も性能の優れた投影機は,大平貴之氏という個人がほぼ一人ですべてを開発したものらしい!?なんじゃそれは?

大平氏のホームページを見ると,彼は子供のころからプラネタリウムの自作に取り組み,大学在学中にはすでにメーカー製と遜色ないレンズ式の本格的なものを作り上げていたそうだ。現在手がけている機種はまだ4台しか完成していないそうだが,世界中の投影機とくらべても圧倒的な性能を誇り,メーカー製のものよりも星の数が2桁ほど多いらしい!そしてその製作ノウハウから,星の数に関しては他のメーカーは追随できない状態だそうだ。ついでにネスカフェのCMにも出演しているらしい。

ms2_cosmos011.jpg

通常のプラネタリウムは,肉眼で見えると言われている6等星までを再現するようになっており,星の数は10万個以下で,天の川はもやのような絵を投影してごまかしているらしい。しかし大平氏の投影機では,500万個ほどの星を投影できるため天の川もすべて星で表現しているのだそうだ。MP3とCDの違いのようなものか??マニアックな世界のためいままで知らなかったが,これはけっこうものすごいことではないか??

megaakis.jpg

そのホームページを見たあとでエキスポセンターへ行ったので,ちょっとあらさがしのような感じになってしまった…。大平氏の投影機は東京と川崎で見られるそうなのでぜひ一度見てみたいものである。彼はおもちゃ屋と共同で家庭用の投影機も開発したそうだが,これもどうやらこれまでの家庭用とは桁違いに性能がいいようだ。実物も見たけど,小さいしそんなに高くないし買う価値はあるかも!

sega.jpg


posted by at 17:46| ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そういえば、お兄ちゃんといえば、星のイメージがあるね。
Posted by いもうと at 2006年08月01日 20:37
は〜?そんなもんあるか〜?
Posted by 兄 at 2006年08月01日 20:57
前田さん ついついAMAZONで衝動買いしてしまいました。17000円也。
Posted by 森拓哉 at 2006年08月03日 00:20
ワシも買っちゃおうかな〜。
Posted by ギン前田 at 2006年08月03日 07:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。