2006年06月01日

ダ・ヴィンチ・コード

ダン・ブラウン

4042955037.01._PE00_OU09_SCMZZZZZZZ_.jpg 4042955037.01._PE00_OU09_SCMZZZZZZZ_.jpg 4042955053.01._PE00_OU09_SCMZZZZZZZ_.jpg

数年前ハードカバーで出たときにちょっと気になったが,どうせ文庫で出るだろうと思ってそのときは読まなかった。で,さいきん映画になるとかどうとかいうので,文庫を3冊買って期待して読んでみた。

のであるが,とても期待していたわりには,正直いってあまり…。ダンブラウン氏は暗号大好き少年なのだと思うが,筋立てが稚拙というかなんというか。いろいろと伏線が張ってあったり,技巧を凝らしているつもりなのはよーくわかるのだが,真犯人もすぐわかってしまうしちょっとお子様向けな感じで,「残っていく名作」という感じはしない。

そうはいっても,キリスト教からヨーロッパ史につながるテーマ自体はおもしろいと思う。我が母校がカトリック系であるが,ぼく自身は典型的日本人で家は浄土真宗だが無宗教で,強いていえば死んだじいちゃんとばあちゃんが守ってくれていると信じているぐらいなので,とくに抵抗もなく読める。

そうはいっても,まじめに読めば1冊2時間もかからないし,少しぐらい世界史の知識が豊かだとわりと楽しめるかも。


posted by at 22:56| ☔| Comment(2) | TrackBack(1) | 本を読む | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
未熟者ですが、それであっても映画もいまいちじゃった。短い時間に詰め込まれすぎてた。暗号とかは面白いなぁと思ったけど。
Posted by いもうと at 2006年06月05日 19:16
わしは見る気なし。
Posted by 兄 at 2006年06月05日 19:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

『ダ・ヴィンチ・コード』のロケーション地を訪ねてみませんか?
Excerpt: 映画『ダ・ダヴィンチ・コード』の映像で使われたロケーション地(英国)のマップが完成しました。この夏休みの旅行の候補に加えてみては如何ですか?映画の気分を更に深く味わえるかも・・・
Weblog: 『ダ・ヴィンチ・コード』マップ
Tracked: 2006-06-27 13:52
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。