2010年12月09日

現場より報告


熱が出たりしているので、いちおう今日まで休養して、明日から仕事しますので、よろしくお願いします。御迷惑をおかけして申し訳ありません。

ところで、火曜日はわりと身体が動いてたので、保険請求のために警察に現場検証してもらいました。そのついでに写真をいくつか。これが現場全景です。

101207.JPG

よくわかりませんが、路面についた下2つの傷が、チャリのハンドル幅と同じなんですよ。手の甲も擦りむいています。

1012073.jpg

となると、真ん中の深い傷は、ぼくの前歯で擦ったものではないかと。よく見ると2本の筋になってますね(笑)そこからオデコで1m弱スライディングしたらしくその先に血が広がってます。

1012072.jpg

事が起こった前後はまったく記憶がないので、もしかしたら誰かに恨みを買っていていきなりバットでぶん殴られたという可能性もゼロではないですが、おそらく立ち漕ぎ中に前輪に荷物が引っ掛かり、以下の図のように前転したものと思われます。

101209.jpg

たいしたスピードでもないのにこんなに前転するものかと思われるかも知れませんが、友人の経験によると、完全に前輪がロックすると時速30キロでもくるっと1回転して着地するようです。今回のように半回転というのは、歩道を走るチャリのスピードからすると妥当な結果でしょう。

今回の自分の被害は、前歯2本と下の歯1本、鼻骨と鼻中隔が折れて、あと顏と手の甲の擦り傷とムチウチぽい感じですが、歯が丈夫で鼻が高かったことにより歯と鼻に衝撃が集中して、全体的にはたいしたことなく終ったようです。もう少しずれてたら目が潰れていたかも知れないし、脳や脊椎にダメージがあったかも知れないし、腕や手がまったく無事だったのは奇跡的です。ただ納得がいかないのは、現時点で事故前後の記憶が無いのはわかるのですが、空を飛んでいる瞬間にはまだ意識があったはずで、そのときもう少し防御の姿勢が取れなかったものか?いろいろ考えごとをして焦っていたのか、ボケていたのか、自分の反射神経に疑いを持ってしまいますね。

鼻は手術でペンチを突っ込んでグリグリ治してもらいました。以前より鼻筋が真っ直ぐに通ったかも。歯も根っこが残っているのでうまく治るようです。みなさま大変ご心配おかけしましたが、たいしたことないです。心配していただきありがとうございます。


posted by at 10:12| Comment(10) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
びっくりしました。大したことないって・・・。一刻も早い全快バリバリをお祈りします。
Posted by TERADO at 2010年12月09日 13:16
先日はどうもありがとうございました!何もないところでやってしまいかなりドジでした(笑)
Posted by まえだ at 2010年12月09日 13:48
大事故です!

海老蔵と暴走族の二人分くらいの怪我で大変
むち打ちとか出ませんように・・・
Posted by こまいぬ at 2010年12月09日 20:38
おひさしぶりです!

というか、時期が時期だしボウズだし目つきも悪いし、病院では喧嘩と間違えられて相当カッコ悪いんですよ(笑)
Posted by まえだ at 2010年12月09日 21:53
ボクも飛び出してきた子供を避けるのに、前輪ロックして綺麗に一回転したことありますが、それはWサスのナンチャッテMTBだったから逃げることが出来たンでしょうね。 確かにRoadだったら・・・(恐)
先ずはシッカリ治してくださいネ。
Posted by 走る美容師 at 2010年12月09日 23:40
はい、競輪やロードの落車でも、受け身を取るのは難しいみたいですしね。がんばります。
Posted by まえだ at 2010年12月10日 07:41
遅コメですが、大丈夫ですか?
顔面は結構腫れあがったでしょう

僕も過去に2度、小学校5年と高校2年に同じく前転してますが、原因は前輪ダイナモを足でやろうとして足が挟まりロックして回るという、
はたから見ると面白い状態(だったらしい)でした。
(最近で一番痛かったのは立ちこぎ中チェーンが外れ直進落下です)

小学校の時は無傷でしたが、高校時はやはり顔面から落下。同じく口を切りました。どちらも時速では15km程度でしたから、
ロードだと重心も高くあっという間に叩きつけられるでしょう。

思い返すに、小学校の時には少しながら柔道をやってましたからそのおかげで怪我なしだったのかも知れません。
最近子供と共に公園でブランコを乗ったりすると意外な重力でふらふらきます。
やはり、体を鍛えるのとその動きに慣れるのはまた違いますね。

顏を見せる商売ですから顔にもお気をつけて!
Posted by Dr.T at 2010年12月19日 11:41
いやー、反射神経はそんなに鈍いつもりではないのですが、ぜんぜん反応していないというのはなんでなんでしょうかね(笑)疲れてたのかもしれません。

来週水曜日に前歯を治したら、外見はほぼ元通りです。
Posted by まえだ at 2010年12月19日 23:10
自転車のホイールバランスについて調べていてたどり着いたのですが、こちらにコメントを残していきます。

人間はリアルタイムで現実空間を認識しているのではなく、目から脳までの情報の届くスピードが0.3秒かかるため、そのぶん現実と、脳がつくるバーチャル映像との間に時間的ズレが起きるそうです。
 事故が現実に起きてから、事故を映像として脳が認識するための0.3秒が経過する間に、脳の記憶機能が衝撃により一時的に停止したのではないでしょうか。
 ホイールバランスを取る事も高速域での直進安定性に貢献し、安全性が高まるかもしれませんが、そもそも自転車はどのような乗り方であれ事故がつきものだと教訓にさせていただきます。
Posted by call at 2011年02月06日 13:53
なるほど、それで納得です。認識するまえにアウト、というのは本当に怖いですね。気をつけないと。
Posted by まえだ at 2011年02月06日 17:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。