2010年08月29日

酒は純米 嫺ならなお良し


先週末、大型トライアスリートの湯尻さんが娘さんの水泳の大会で広島に来られるという情報を目ざとく見つけ、強引に誘いました。まずはさいきんイチオシの蕎麦屋に案内し(笑)その後ダンジリに繰り出しました。

広島の酒を湯尻さんに飲んでもらいながら、中年前の二人には似つかわしくないほど熱くトライアスロンの話をしました。気持ちの通じる人と話するのはじつに楽しいものです。いろいろ身体がショボくて凹みがちでしたが、来期以降に向けてかなり気分が高揚してきました。

燗酒を飲んだときに出てきたお猪口がこれ↓↓故、上原浩さんの言葉です。燗酒は広島の酒でなく日置桜でしたが…

100829.jpg
(撮影:湯尻さん)



posted by at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 食べること | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。