2010年05月20日

宮崎県を応援しよう


10日ほど前、報道各社が沈黙を破って口蹄疫報道をしはじめる直前に、報道各社は宮崎県叩き東国原叩きの方向に誘導することによって政府の失策の矛先を反らすようだ、という話が拡散していた。その情報の通りに、宮崎県叩き東国原叩きの方向に現在誘導が行われている。鵜呑みにしてこれに乗せられていては、宮崎県でがんばっている人たちが本当にかわいそうだ。自分の知っている宮崎の人は、みな全国報道を見て怒っている。

薬品の不足、ゴールデンウイーク中の人の移動に対する幹線道路の封鎖の不徹底、埋葬地の問題、人員の不足等、これらは政府が対応しないかぎり、対策が物理的にできないことであり、政府の失策(故意?)による大変な人災である。報道にあるような獣医の誤診が仮にあったとしても、4月末の時点でしっかり対応していればこんなことにはなっていない。4月末から自民党も宮崎県も再三にわたり政府に申し入れをしているが、それを5月半ばまで無視された結果、宮崎県の現場の人たちは地獄の有り様だし、東知事は権限のある行える範囲で大変よく動いている。自分はもともとそのまんま東は大嫌いだったが、このたびの対応は立派なものである。

牛がかわいそうだ、などという報道もなされている。もっとも身近にいる農家の人たちが、手塩にかけて育てた牛をどんな思いで殺しているのか、考える程度の頭もないのだろうか。「故意に報道しない」ことにより宮崎県の惨状をもてあそんだ報道機関に、こんなことが言えるのだろうか。

ということで、我々にできる範囲で宮崎県を応援しましょう。ちなみに激甚災害の財源が「子供手当て」に回ったため、このたびは認定がされないのではないかと言われている。

宮崎への義捐金
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/fukushi/fukushi/shakai_fukushi/html00165.html

ふるさと納税リンク

川南町
http://www.town.kawaminami.miyazaki.jp/sogoseisakuka/zaisei/furusato_kouteieki.jsp

宮崎県
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/furusato/



posted by at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。