2010年02月05日

朝青龍とうとう追い出される


あっけなく強い悪役が去り、なんかもったいないなという感じだ。これでしばらくは相撲も面白くなくなるだろう。品格が品格がなどとよく言うが、ぼくには非常にしらじらしく偽善に思える。表面上行儀よくしていても中身が伴ってなければ真の品格などないわけで、そこまで求めた場合に歴代の横綱の大半は失格者だらけだろう。朝青龍級どころでないメチャクチャな人も多かったわけだし。浅田真央ちゃん潰しと同様、あることないことマスコミの作った流れに持っていかれた面が多い。また、総合格闘技で嬉々として戦う朝青龍、みたいになってしまうとそれこそ相撲の品位を落とすように思う。相撲協会としてはもう少しうまくコントロールして全うさせたほうがベターだったのでは。

それはそうと、某幹事長はもう少し泳がされることになった。一個人の問題ではなく総決算であり、もっと大きいネタで釣り上げないと平和ボケを解消する効果はないので、もう少し辛抱しないといけないようだ。引きつけて引きつけて一網打尽、と(笑)それまで、自分も善良な人々も無事でありますように…



posted by at 05:59| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。