2010年02月04日

安治川親方


100204.jpg

廃業せずに済んだらしい。相撲界の裏事情はよくわからないし、現状から改革が必要とも思わないし、朝青龍潰しにはウラがあると思っているし、貴乃花はそんなに好きじゃないし、そもそも光法なる相撲取りは昨日まで知らなかったが、今回の彼の筋の通し方は立派だと思った。賭けたわけでなく本当に辞めるつもりだったのだろうが、辞めずに済むならそれにこしたことはない。とかくなんでもかんでも救済のある今の世の中で、なかなかできることではない。

以前、知り合いのおじさんに「ギンちゃん、鉄砲玉になったらダメよ」とたしなめられたことがある。思ったことをすぐに口に出してしまう攻撃的な自分が目に余って忠告してくださったのだろう。ただ、たしかに鉄砲玉はダメで、使いどころを間違うとただのバカだが、長い目で見ると、荒っぽい人間力のようなもの、自分なりの筋を通すことは大事だと自分は思う。


posted by at 09:52| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。