2009年10月05日

今週末にまたもや八方ヶ原のヒルクライムに出る

今年は春からまともに練習しはじめて(といってもたいした練習ではないが)、いっときはぜんぜん調子が戻らずこれもトシのせいかと思ったりしたが、8月後半ぐらいから一気に戻りはじめた。8月はチャリに742キロ、9月は波崎のバタバタで少なくなってしまって665キロ。いま現在はだいぶ動けるようになっている。しかし、動けるといってもまるまる去年や一昨年の状態になったわけではなく、今年は上半身を中心にだいぶ筋肉が落ちてしまった。そこで、転んだらタダでは起きない作戦ということで、急遽「体重減を利用してヒルクライムとマラソンで記録を狙ってやれ大作戦」ということにして、さらに脂肪を可能なかぎり落として体重減少に努めた結果、昨年より3キロ以上少ない63キロ台後半にまで落とすことに成功した。

自転車のヒルクライムとランニングに関しては、誰が何といおうと体重が軽いほうがえらい。パワーウェイトレシオが重要であり、パワーの絶対値はそれほど重要ではない。要するに自分の状況でいうと、現時点で発揮できるパワーは過去最高時点よりは多少落ちるものの、3キロ以上も体重が低下したため、パワーウェイトレシオはほとんど過去最高なのではないかというわけなのだ。だから、今シーズン後半限定でヒルクライムとマラソンに燃えようということなのだ。

つづく?




posted by at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。