2009年07月22日

麻生さん

自分の住んでいる日本がどういう方向に進んでいるのかということは非常に重要な問題なので、踊らされて間違った方向にいかないよう、自分に可能な範囲でできるだけあらゆる方向を掘り下げてから判断するようにしている。その結果自分は、近年もっとも正しく日本のことを考えて行動しているのは政府であると確信しており、いまは麻生さんを全面的に支持している。

昨日は家に早く帰って解散についての記者会見を見た。麻生さんは強い眼ヂカラで、表面上の言葉は普通だったが、きちんと考えて日本人として自分のやるべきことをやっている人間にはきちんと真意が伝わるような強いメッセージを送られたように見えた。

090721.jpg

現在の日本では、安保騒ぎのときと同じようにバカ騒ぎしている。当時騒いでいたような方向に安保を破棄していれば現在の日本はない、ということは、いまとなっては誰にでもわかる。世界情勢を見ればわかるように、国民が間違った判断をする国は没落し、賢い判断をする国は繁栄するだろう。国民の判断はその国のレベルをあらわすのだ。今度の衆議院選挙の結果がどうなるのか、どういうかたちで再編が行われるのか、自分にはよくわからないが、これからも正しく日本のことを考えて行動する人達に国を動かしてもらわなければならないし、表面のバカ騒ぎとは違ってボチボチそういう方向に向かっていると感じている。日本を間違った方向に導き食い物にしようとする勢力が政府を批判するのではなく、日本が正しい方向に向かうように考えている人が安心して健全に政府を評価/批判できるような、不毛でない、豊かで平和な日本がよい。



posted by at 20:41| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。