2009年07月06日

寛平氏もうすぐニューヨーク到着

090706.jpg

あと100キロ切ったぐらいのところみたいです。徹底的に幹線をはずしたコース取りだったので、自分にはどこを通るかさっぱり予測できませんでした。いくらゆっくりでも、あれだけ毎日移動していると相当負担がかかります。とりあえずアメリカ横断は故障なしで本当にごくろうさまでした。ユーラシア大陸は、ヨーロッパはいいとしてもその先はアメリカよりずっと条件が悪いし距離も長く、応援も少ない。これは本当にメチャクチャ大変だと思います。


posted by at 16:42| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ほんと、寛平さん、、、すごいですね!!
この一言です。

今年、下関の友人でスパルタスロン挑戦する
若者がいるのです。
寛平さんでも、リタイアしている大会。
正直、大丈夫かなあ、、、と不安です。
Posted by 徳永高秀 at 2009年07月06日 20:09
いやーそれはすごいですね。フルマラソンぐらいまでだったらトレーニングにしても確立されたものがあると思うんですが、スパルタスロンとかになると、どういう練習とか寝る時間を削って走るとか、手探りですよね〜。何も言えません(笑)
Posted by まえだ at 2009年07月06日 22:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。