2006年01月25日

128MBのメモリほしい人いませんか?

さいきんウチのパソコンの動作が遅く,イライラすることがメチャクチャ多かった。しかし,ウチのパソコンは3年ちょっと前に買った700MHzのG4Macだからだいぶ使い古しており,少々のことでは効果がないのではないかと思っていた。2年ぐらい前にもイライラ解消のために一度128MBのメモリを増設しており,ぼくのパソコンはメモリスロットが2つしかないので,この増設した128MBを一度抜いて他のものを挿す必要がある→→せっかく買った128MBのメモリが無駄になるのもイヤだった。

とりあえずここで探すと,ぼくのパソコンに使えそうな一番安い256MBメモリは3000円ぐらいだが,これをすぐ信用して買うわけにはいかない。

256MB 168ピンDIMM PC-133 CL3

ここまでが該当しているのは当然として,

メモリチップが256Mbitか128Mbitか?

これはチップ一個あたり何MBのものを使っているかということだが,要するに256Mbitの大容量のチップを使えば128Mbitのものを使うよりチップ数を半分にできるので,そのぶん同じメモリ容量でも安く作ることができるわけだ。しかしここで問題があり,あまり古い機種の場合だと256Mbitのチップは半分の容量しか認識してくれない。すなわち256MBのメモリを買ってきても128MB分しか認識してくれない場合があるのだ。そういう意味で,古い機種用ということで128Mbitチップを使用したメモリも売っていて,これはだいたい256MBで5000円ぐらいになる。

ちなみに,これらの値段で買えるものはノーブランド品というものであり,激安だが品質チェックが甘かったりするのである。モノ自体は,これだけのモノを作る技術があるということなので,とくに悪いわけではない。しかし,きちんとチェックしたメーカー品だと,これらの倍ぐらいは高い。さらに,これらノーブランド品は’DOS/V用’などと書いてあり,きちんと動作テストしてMac専門店で売っているようなものであれば,256MBのメモリが10000円以上してしまう。こんな高いものはとても買えない!

ということで,ぼくの機種に使うには,高ければ高いほど安心できるわけであるが,いろいろ調べてぼくの機種でも256Mbitものが使えると判断して,一番安い3000円のものを買った。ぼくのパソコンは,もともと256MBのメモリが1枚挿さっているものに以前128MBのメモリを増設して384MBになっているわけだが,メモリスロットが2つしかないため,この128MBを抜いて新たに256MBを挿す。→→うまく認識してくれて,晴れてメモリ512MBになりました!!

まっく.jpg

CPUが古いので,メモリを増やしたぐらいではあまり変わらないかもと思っていたが,これが思いのほかサクサクになって,インチキ3000円チューンのワリに充分満足した,本当によかった!!



さてここで,あまった128MBのメモリが残ります。

06-01-25_18-42.jpg

むかしX68000の1MBのメモリを買うのに大枚はたき,Macの16MBのメモリを買うのにも悩んだ世代のため,メモリを無駄に捨ててしまうのは心が痛むので,できればリサイクルしたい。これは

128MB 168ピンDIMM PC-133 CL3 128Mbit

のものになります。128Mbitのものはだいたいノーブランド品で2500円強で取引されていますが,これを格安で欲しい人がいたら連絡ください。ぼくんちで長期メモリチェック済のため,メモリスロットに余裕があって古い機種でパソコンに詳しい人ならおいしい話かもしれませんね〜〜。


posted by at 19:02| 広島 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おしい・・ うちは初代G3なんでPC100なんです。

初マックは160MBHDに20MBのメモリをラムダブラーとか使ってました。
なつかしいというか、よく使えていたというか・・・。

さすがにそろそろG5、せめてG4がほしい。
ん?インテル??

体調は回復ですか?
Posted by 松村 at 2006年01月26日 00:12
松村くん元気ですか?体調は昨日の晩が最低でした。いちおう復活傾向です。ラムダブラー懐かしいですね〜〜
Posted by ギン前田 at 2006年01月26日 07:40
前田さんとこに負けず劣らずの職場環境なので、
かなり余裕をみながら動いています。

ちょっとバイク上げすぎな感ですが、今年はとりあえずやってみる年として新たな刺激楽しんでます。

ファンライドの竹谷選手の記事読んでいたのですが、ポラールの720ってあそこまで解析できるのですか?(時間のあるときに見てください)

Posted by 松村 at 2006年01月26日 20:07
ちょっと見てみます。
Posted by ギン前田 at 2006年01月26日 22:46
心拍データさえとれればあとは解析ソフト次第なんで,あのぐらいはぼくの610でもできますよ。ただどういう心拍がどういう強度かという設定によってだいぶ変わるんで,そこは自分なりの‘心拍とトレーニング負荷の関係’の考え方によりますね。個人的には,あの手の練習管理法は97シーズンしかやらなかったし,あの手の心拍管理法は4,5年前にやめました。よく見てないけど,エグザーション?はたしか心拍の戻り時間から計算するはずなんで,現時点でショートインターバル的な練習してないぼくには意味ないんですよ。心拍はその日の調子でぜんぜん変わるし,負荷の境界付近の扱いがおかしくなるし,もっと経験も交えて流動的に(フィーリング的に)管理したほうがいいと思ってます。意味分かりますよね?まあ結局は人それぞれに,強くなる原理の本質を押さえた上で分かりやすいものを考えるしかないですよね。うまく整理したらまた書きますよ。あと,ポラール社の蓄積しているノウハウはすごいですよ!
Posted by ギン前田 at 2006年01月27日 18:42
ありがとうございます。

今のモニターがアキュレックスなので、ゾーン設定と、その時間しかわからないんです。
そろそろ少し機能的なものを・・とも考えてました。

ただ、バイクだとコースと心拍数はある程度リンク出来てるのと、時期ごとのポイント練習をこなしていけるようにすごしていたら、あそこまで出力することもないかなぁとも思っています。

記事も(先月から連載?)もう一度読み直してみます。
久々に呼気ガスと乳酸測定に行こうかな。

今週からハード期ですか?
慌てず焦らずいきましょう。前田さんだったら大丈夫っす。
Posted by 松村 at 2006年01月28日 07:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。