2009年01月23日

ランス着々と復帰中

ランスが引退してから、自分の参考になりそうな選手がいないため自転車レースにまったく興味を失っていたが、ランスが復帰するのでまた注目だ。復帰宣言以降着々と準備しているようだ。さいきんハワイ島コナで練習を積み、いまはオーストラリアあたりのレースに出ているらしい。

090123.jpg

0901232.jpg 0901233.jpg

能力テストもこのあいだ行ったらしい。LTでの出力が25W向上したとか。

0901234.jpg 0901235.jpg

0901236.jpg

以前のようにカーマイケル氏の練習メニューも公開してあった。7〜8年前から基本的には変わっていない。上記のように調子は上々のようだが、内容を見ると、まだごくごく基礎のメニューをこなしているところだ。

10月のは↓↓
Lance's Training Outline for October 2008
2 x per week 5-5.5 hrs endurance pace
2 x per week 3-4 hrs endurance pace with 2 x 20minutes at just below LT pace (380-400watts)
1 x per week Tuesday-night ride
1 x per week 3-4 hrs with 2 sets of 4 x 20seconds max effort x 40 seconds recovery
1 x per week--day of for travel, rest.

年末年始のは↓↓
December 29-31---3-day training block
3-4 hours daily @ endurance pace staying below 315watts, climbs at 340-380watts

January 1: Recovery ride

Jan 2-4----3 day training block
Day 1: 4 hours @ endurance pace staying below 315watts, include 1hr @ Tempo power, 350-380watts, low pedal cadence during Tempo (60-70rpm).

Day 2: 4 hours @ endurance pace staying below 315watts, include 2-3 10-minute MuscleTension Intervals @ 45-50rpm, uphill @ 350-400watts with 8-10mins recovery between intervals.

Day 3: 4 hours @ endurance pace staying below 315watts, include 1hr @ Tempo power, 350-380watts, low pedal cadence during Tempo (60-70rpm).

January 5-6: Recovery rides

Jan 6-8----3 day training block
Day 1: 5.5 hrs with 3 climbs of 15-30minutes at 380-420watts, last 60mins behind motor for leg speed.

Day 2: 4.5 hours with 2-3climbs late in the ride of 15-30minutes at 380-420watts, last 60mins behind motor for leg speed.

Day 3: 4 hours @ endurance pace with 2 climbs of 15-30minutes at 380-420watts, last 60mins behind motor for leg speed.

January 9-10―recovery rides, maybe on the TT bike
Day 1: Recovery ride
Day 2: Recovery ride

自分はトライアスロンをはじめて以来、トレーニングに関して自分なりに本で学んで自分で試すことによって組み立ててきた。そんなときにカーマイケル氏によるランスのトレーニングメニューを知り、じつに簡潔かつ理にかなっているので非常に納得して、自分なりのやり方についても考えが強化された。カーマイケル氏はトレーニングに関する本も何冊か書いているが、はっきりいってそちらよりもこの簡単なメニューのほうがよほど実践的で参考になる。ただメニューを見るだけではダメだが、トレーニングに関する基本や、ランスの具体的な身体能力などを知った上で眺めると、情報が山ほど詰まっているのだ。ところでこのメニューから見たところ、よっぽどアクシデントがないかぎり今年のツールでランスに勝てる選手はいませんな。


posted by at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。