2005年12月27日

ランの数値について4

前回記事はコチラ

ということで,何らかの客観的な評価法/チェック法を持つ必要がある。一般的には,ラボなどで高価な機材を用いた測定はしょっちゅうはできないのが普通だろう。手伝ってくれる人がいれば乳酸測定ぐらいは可能かもしれない。簡易にトレーニング中にできる評価法を持てばなにかと便利だとぼくは考える。アームストロングのコーチのクリスカーマイケルも,その著書では,’ときどきフィールドテスト(自分の練習コースを用いたTTテスト)を行なうように’勧めている。

気合を入れてテストをするわけでなく,日々の練習のなかで手軽に得られるという点で,このやりかたはけっこういいと思う。ただし,体重を量るのと同じで,毎日細かく追ってもあまり意味がないかもしれない,週に何度かの単位でポイント練習に対する反応をつかんだり,体調が落ちかけていないかどうかを見たり,長いスパンで見てトレーニングがうまくいっているのかチェックしたりすればいい。

日本のトライアスロン界ではどうだか知らないが,きちんと環境が整っている競技においては,本当にトップクラスの強い選手や一流選手ではコーチが細かくそういった判断をしているはずで,セルフコーチングで努力している強い選手なら少なくともなんらかの判断基準を持っているはず。効率が悪い無駄練習を避けて故障のリスクを減らし,うまく実力アップするためには,この程度の手間はかけてもいいのではないか?

つぎはバイクでの能力チェックについて。


posted by at 07:03| 広島 ☀| Comment(6) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラン数値の話、とても参考になりました。次のバイクも取り組んでみたいと思ってます。

それはそうと、NZまでもう10週しかないんですねぇ。
トレーニングの方はものすごい急ピッチで進んでいるみたいですが、体を壊さないようにしてください。

僕も年が明けるとジャパンまで20週になるのですが、何をどうしたらいいのか、さっぱり分からない状態です。(特に最近サボリ気味だし)
とにかく長い距離・時間を基本にやっていこうとは思ってます。

では、また。
Posted by サトル at 2005年12月27日 16:49
今回ぼくのトレーニングはゼロからだったんで,基礎トレを長めにとってあんまりよくばらないようにするつもりです。今シーズンは長くなりそうなんで,,,

サトルさんは20週といっても愛媛がはさまるんで,アイアンマンとどうやりくりつけるかですね〜。また考えてみます。
Posted by ギン前田 at 2005年12月27日 21:24
愛媛マラソンは走ることは走るんですが、今年はマラソンで記録を狙っていくつもりはなかったので、あまり力まずに練習兼お祭りのつもりで出ます。
広島ベイでの走りからして、良くても3時間15〜20分ぐらいになると思います。記録が出せるような練習もしてないし。
ですから、愛媛に向けての特別な「調整」というのはせず、あくまでも5月に向けて3種目均等に、特にバイクの実力アップをと考えています。

バイクは休みの日はできるだけ長い時間乗りたいとは思ってるんですけど、今は4時間が限界です。まあもっと早起きすればいいんですが…
それに1月、2月は家のことでバタバタして、時間が取れないと思うので、補強とかでカバーできたらと考えてます。

うだうだといろいろ書きましたが、やります!

「よい動きは頭で覚えるのではなく体で覚えること。頭を使うのは練習の時間配分だけ」

↑これは今同じチームにいる須藤雪絵(旧姓 小梅川)さんと話した際に頂いた言葉です。
いやーありがたい、ありがたい。
Posted by サトル at 2005年12月28日 13:48
なるほど,それなら問題なさそうですね!がんばってください。

動きについては,主観と客観のズレが一番のテーマで,どういう意識(主観)がどういう動き(客観)につながるか?というのを考えるのが難しいです。ぼくのばあい後天的に動きを身に着けようとすると考えないと無理ですね。‘素質を作るトレーニング’という言葉も最近あるし,まあいろいろ試行錯誤してみます。これからのコーチは,動きも指導できないとダメだと思うんで…。
Posted by ギン前田 at 2005年12月28日 14:28
たびたびお邪魔します。

須藤さんの言葉は正しいとは思うんですが、絶対的な練習量・練習時間によるところが大きいと思うので、われわれのように時間に制限のあるものは、頭で考えたり、体の動きを観察しながらっていうのは必要ですよね、やっぱり。
おそらく須藤さんは、僕がTJ誌などに書かれているいろいろな記事によって頭でっかちになっていると感じてのことだと思います。たぶん。

それはそうと、JTUの初級指導者育成講習会に参加しようか迷ってます。
千葉なので遠いのと2月はちょっと難しいんですけど、無理に無理をしたら行けないこともないんで。

前に書かれてたのを読んで内容はなんとなく分かるんですが、勉強になりました?
Posted by サトル at 2005年12月28日 16:01
動きは,刷り込んでなんも考えずにできるようになるまでやらないといけないとは思います。もともとできんぼくには難しい!

内容も資格としてもいまのところはイマイチですけど,人とのつながりができるのがいいですよ。たぶん西と東でやるはずなんで,来年あたり関西であるはずなんですけどね〜。
Posted by ギン前田 at 2005年12月28日 16:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。