2008年11月21日

オープンウォーター対策

今日プールで突然ひらめいたのだが、もしかしたらオープンウォーター対策になるかもしれない話。

自分は、プールで泳いでも1500mのベストが22分切るかどうかぐらいなので相当遅いのだが、海だとそれに輪をかけてもっとずっと遅くなってしまう。プールだと意識していればまあまあリラックスして泳げているように思うが、海だと、なんだかよくわからないがフォームが縮こまって伸びのない泳ぎになっていたり、どうもまっすぐ泳げない感じになってしまう。要するに海ではプールでの泳ぎが出来ていない。

で、今日泳いでいるときに、プールの底にはラインが引いてあるわけだが自分はこれを無意識的に強く認識して泳いでいるような気がしたため、息継ぎのときには目を開けるが顏が水面下に没しているときには目をつぶるようにしてみた。方向確認したいときにはヘッドアップして、そのときには目を開けても良いことにした。そうすると、非常に泳ぎにくく海で泳いでいるような縮こまったような感覚が得られた!もしかすると、これで練習すると海での泳ぎが少しは良くなるかもしれない。自分と同じような悩みの人は一度試してみてもいいかもしれません。


posted by at 20:50| Comment(0) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。