2013年10月31日

ボストン




この盛りあがり、うらやましいですね。





いろいろみてたらこんなのがみつかりました。浩二の応援団の演奏をひさしぶりに聴きました。いまの球場は箱はいいんですが、この市民球場の雰囲気はなくなってしまいました。










posted by at 23:22| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

健太郎9ヶ月




9ヶ月過ぎました。高速ハイハイをしはじめたと思ったら、すぐにつかまり立ちをはじめました。あまりすぐ立たずできるだけハイハイをさせたいのですが。

IMG_1851.jpg



なんと40年ものの服が残っていました。すなわち、ぼくが着ていたものだそうです。サイズぴったり。

IMG_1898.JPG



posted by at 23:13| Comment(6) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月24日

MacBook AirにもiPhoneにもMavericks




店のMacBook AirにもMavericksインストールしました。



スクリーンショット 2013-10-24 11.07.34.jpg



ついでにiPhoneの壁紙もMavericksに…



IMG_1891.PNG







posted by at 23:37| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月23日

OS X 10.9 Mavericks




昨日発表で即日ダウンロード開始でしかもタダとか。いつものようにすぐアップデートしました。そろそろ買い換え時期の5年落ちiMacなのでシビアにわかりますが、ややサクサクになったようです。OS Xも10年以上経過して基本はそのままだけどどんどん使いやすくなっていて、近年ではiOSとの融合というか共通部分が増えている。本当に使いやすい。Windowsも、XPを基本線にしてその延長上にアップデートしていけばいいのに、なんであんなクソばかり作るのでしょうか(笑)うちのWindows機は7からアップデートする気にはなりません。



20131023.jpg





posted by at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月16日

あまちゃん




いまさらながら「あまちゃん」じつにおもしろかった。水木しげるさんに興味があったゲゲゲは別にして朝ドラなんかみたことなかったけど、話の筋、小ネタ、メッセージ性、配役、音楽等々、すみからすみまで非常によくできた物語だった。



なかでも、クドカン本人と年齢が近い40歳代付近が一番おもしろく感じた世代だと思う。自分のような40歳代前半がギリギリ下限ぐらいか?自分たちの場合、80年代がどんな雰囲気だったか、キョンキョンや薬師丸ひろ子がどんな存在だったか、どんな歌声だったか、散々聞かされていて頭に染みついているわけで、それが頭にあるとないではぜんぜんおもしろさが違うと思われる。逆にふだん朝ドラをよくみているはずのお年寄りにはついていけなかった部分があったのではなかろうか。これほど大ブームになっているのに、平均視聴率が近年の朝ドラにおけるダントツではなかったのはそのへんの影響だろう。お年寄りが脱落した部分の率がゴッソリ若い層に移っていると考えるといまのブームもつじつまが合う。



配役上一番のポイントはキョンキョンで間違いないのでそれはおいといて、薬師丸さんについて若いころはぜんぜんいいと思ったことはなかったけど、今回の鈴鹿ひろ美さんはじつに魅力的だった。なんといっても、実際は歌がうまいのに音痴設定でずっとひっぱっておいて、最後の最後にあの薬師丸ひろ子の歌声を持ってくるというのは反則に近い。主役の能年さんについては、ときに健太郎とよく似た表情をするので親近感が湧いた。あと松田龍平は親父さんよりいい役者だと思う。



いやーしかし本当におもしろかったし感動した。クドカンありがとう。



131016.jpg







posted by at 11:55| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月13日

ここまできたら日本シリーズいかにゃいけまあ




いやー強い!ほんまに強い。守備のミスはないし、ピッチャーもええ、打つのもみんな調子がよおなってきた。ここまで来たけえ満足とか、巨人はさすがに厳しいじゃろとか、わけのわからんネガティブなことを言うやつがおるが、わしらは強いころのカープを知っとるが、こりゃいける!!!第1戦は大竹カンが気合いを入れて勝ってくれるはず。第2戦第3戦は中4日でマエケンバリントン。前半に勝負をかける。ここまで2勝1敗ぐらいでいったら、野村に気合いを入れて勝ってもらって、あとは総力戦じゃーー。



1013.gif





posted by at 22:45| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月09日

手がほぼ治った




ここ数年、手が酷い状態になっていた。もともとの乾燥肌に加えて、粉を触り農作物を触り、さらに水仕事中心なので手がひどく乾燥して大変だったのだが、去年の頭ぐらいから、ニトリルゴムの手袋をして常に蒸れたような状態を保ち、またひどいときはヒビケアなどを塗ることによって一時的に状態が緩和していた。

しかし去年の末ごろからこのゴム手袋や軟膏にかぶれる症状が出はじめ、真っ赤に腫れる、猛烈なかゆみ、強くかいて皮膚が破れて汁が出る、等々のひどい状態に陥っていた。仕事や日常作業の都合上、一番外側にニトリル手袋をしておかないと作業できないので、これにかぶれないようにするため下にビニール手袋を介して、手袋を二重にした状態で日常も仕事中も24時間過ごさなくてはならないようになっていた。これにより、蒸れる→かゆい→皮膚が破れる悪循環になる。手に触れる部分を綿手袋にすると、カピカピに乾燥してしまってすぐ割れてしまうので、どうしてもビニール手袋で蒸らしているしかない。また、ステロイド軟膏が手放せないが、これの副作用として皮膚を薄くするので、皮膚が破れやすくなる。しばらくしてプロトピックという薬も試してみることになったが、この薬も使いはじめに猛烈なかゆみとひどい湿疹が出てしまい、耐え切れずステロイドに戻す、という繰り返しになっていた。さらに悪いことに、蕎麦を打つときにニトリルとビニールの二重手袋だと滑って打てないので、そのときだけはどうしてもニトリル手袋一枚で作業しなければならず、その数時間の作業でまたかぶれてしまう。思いきってひと月ぐらい仕事を休むか、そうでなければ一生手袋をはめ続ける生活になるのではないかという感じであった。

そんな状態が続きまったく改善しないままでいたが、先日ちょっと調子の良かったときに思いきってニトリルの下のビニール手袋を綿手袋にしてみた。はじめカピカピに乾燥するのだが、薬を多めに塗って割れないようにして何日か過ごすと、蒸れて弱かった皮膚がやや回復してきた。何度か湿疹がぶり返したりしたが、ひと月ぐらいがんばっているとやや良くなってきた。また、ニトリル手袋の下が綿手袋だと滑らないのに気づき、練習して蕎麦打ちもできるようになり、そこから飛躍的に回復してきた。そういったわけで、数日前から、日常は素手でも過ごせるぐらいになってきたのである。



というわけで、この数年ほとんどギターを弾いていなかったわけだが、やっと弾けます!JMP-1

IMG_1875.JPG



なんぼミニアンプといっても真空管の1ボリューム式のなので、歪むまでボリュームを上げると警察が来る恐れがある。しかたないのでガラクタを引っ張り出してきたけど、一番使いたかった「ガバナー」は何年も使っていないうちにツマミが動かなくなっていて意気消沈。指もぜんぜん動かんし…

IMG_1874.jpg



まあボチボチ。





posted by at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 機材,身体等 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。