2010年05月21日

まえだまえだ


まえだ

1005213.jpg

まえだ

1005212.jpg

まえだ

1005214.jpg

まえだ〜〜!

1005216.jpg

まえだまえだ

100521.jpg

ぼくもイチオウまえだです。




posted by at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東国原知事がんばれ


このあいだの、東知事がキレたという記者会見の抜粋があったので貼っておきます。

男性記者「防疫対策やってますけど、このまま今の方法を続けるのかそれともワクチンなのか、それとも強制処分なのか。これは検討されてますか」
東国原知事「検討しています」
男性記者「どうされますか」
東国原「まだ分かりません」
男性記者「まだ?もう11万頭きているわけだから」
東国原「まだ決断はしておりません。検討しております。一歩踏み込んだところ。というのは、国の地元対策チームがきたわけですから、その意味も勘案していただければ解りますよね」
男性記者「いや家畜伝染予防法ではですね、その主体は知事なんですよ。知事なんです。だから、知事がどう思うか、どうされるかっていうのが一番なんです」
東国原「検討してます」
男性記者「国じゃないんですよ。国じゃないんですよ。自分の」
東国原「法的に知事ですよ。でも、国の協力が無かったら、全頭殺処分でいくらかかるか知ってますか」
男性記者「いやだからお金のこと言っててもいましょうがないんですよ」
東国原「しょうがなくないんです。そういったこともやらなければいけないんですよ。慎重にやらなくちゃ。地元の対策も地元の同意も得なければいけなない。もし全頭やるとしたらですよ?それを簡単にですね」
男性記者「簡単に言ってないです。言ってない言ってない」
東国原「簡単に言ってますよ。相当な覚悟が必要なんですよこれは」
男性記者「ですから考えてるかどうかを聞いているんです」
東国原「地元の人たちにね、同意をひとりずつ取っていかなくちゃいけないんですよ。査定もしていかなくちゃいけない。それに対して人員とか埋設場所だとかその予算だとかコストだとか尋常じゃないんですよ」
男性記者「じゃあ今のままで20万いったりするんですか?」
東国原「いやだから今そのポイントを検討して、どこだったらその非常事態だとか踏み込んだ対策をするかとか検討しているんです」
男性記者「してください」
東国原国原「してるんです。だからしてるって言ったのに、あなたしてるんですかって」
男性記者「いや知事の方が国が国がと仰るから」
東国原「国がと言ってません、協議しないとね、これはねパンデミックで。もう宮崎だけの問題じゃないですよ。ですから全体の事を考えて」
男性記者「いやそうですけども、一番集中して出てるのが宮崎県だから、宮崎県の知事がリーダーシップを発揮しなければ」
東国原「やってるでしょ。だからやってますよ。検討してますよ」
男性記者「じゃああまり国が国がって言わないでくださいよ」
東国原「国が国がって国と協議しなくちゃいけない、市町村とも協議しなくちゃいけない、地元のみなさんとも意見交換しなくちゃいけないですか。私独断ではいやりますやらないですってそりゃ現場を知って、現場の人と話さなくちゃ分からないでしょ。そのへんは分かってくださいよ…プロでしょあなた?」

女性記者「赤松大臣の会見のなかでワクチンを検討したいとおっしゃっていたようなんですが。優先順位として、防疫指針の中にあげてあるワクチン使用がもう視野に入っているんでしょうか」
東国原「先程も言いましたけども、入ってます。ワクチンも全頭殺処分も、強制屠畜。あるいはそれを複合してやるのか、数種類の判断がありますよね。一歩踏み込んだってのはそういうことですよ。じゃあそれをどのタイミングで、どういうふうにご地元の皆さんに理解を得ながら、予算処置をしながら、もしトラブった時の法的処置はどうするのか、裁判訴訟になったときはどうするのか。そういうところをきっちり詰めないと、前には進めないんですね。見切り発車できないんですよ。それをずっと検討しているわけですよ。でもこれは、判断にですね、地元の農家の発生農家のあるいは処分される方たちの健康な牛、いや豚をですね。殺処分しなくてはいけない。その気持を考えた時に、早々軽々にはできないんですよ」
女性記者「軽々にできない事がわかっているから、我々はどういう風に国が考え県が考えているかを…」
東国原「だからそれを話しあっているんです一生懸命。毎日。寝ずに。それをですね、検討しているんだとか甘かったとか、処理が防疫対策どうのこうのとか、我々は一所懸命やってるんですよ。地元の方達も。以上です。帰ります」
女性記者「そういうことではなくて」
東国原「喧嘩売ってるのそっちじゃないですか」(以上、抜粋)

これ、キレた東知事が悪いのでしょうかね?明日から報道で大々的に東知事を叩くという噂も流れておりますが、すでにその噂も拡散しきっており、どうなりますやら。

posted by at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

宮崎県を応援しよう


10日ほど前、報道各社が沈黙を破って口蹄疫報道をしはじめる直前に、報道各社は宮崎県叩き東国原叩きの方向に誘導することによって政府の失策の矛先を反らすようだ、という話が拡散していた。その情報の通りに、宮崎県叩き東国原叩きの方向に現在誘導が行われている。鵜呑みにしてこれに乗せられていては、宮崎県でがんばっている人たちが本当にかわいそうだ。自分の知っている宮崎の人は、みな全国報道を見て怒っている。

薬品の不足、ゴールデンウイーク中の人の移動に対する幹線道路の封鎖の不徹底、埋葬地の問題、人員の不足等、これらは政府が対応しないかぎり、対策が物理的にできないことであり、政府の失策(故意?)による大変な人災である。報道にあるような獣医の誤診が仮にあったとしても、4月末の時点でしっかり対応していればこんなことにはなっていない。4月末から自民党も宮崎県も再三にわたり政府に申し入れをしているが、それを5月半ばまで無視された結果、宮崎県の現場の人たちは地獄の有り様だし、東知事は権限のある行える範囲で大変よく動いている。自分はもともとそのまんま東は大嫌いだったが、このたびの対応は立派なものである。

牛がかわいそうだ、などという報道もなされている。もっとも身近にいる農家の人たちが、手塩にかけて育てた牛をどんな思いで殺しているのか、考える程度の頭もないのだろうか。「故意に報道しない」ことにより宮崎県の惨状をもてあそんだ報道機関に、こんなことが言えるのだろうか。

ということで、我々にできる範囲で宮崎県を応援しましょう。ちなみに激甚災害の財源が「子供手当て」に回ったため、このたびは認定がされないのではないかと言われている。

宮崎への義捐金
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/fukushi/fukushi/shakai_fukushi/html00165.html

ふるさと納税リンク

川南町
http://www.town.kawaminami.miyazaki.jp/sogoseisakuka/zaisei/furusato_kouteieki.jsp

宮崎県
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/furusato/

posted by at 00:23| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

それぞれが気づくための試練


ここ1週間で急に報道されはじめた口蹄疫の件については、自分のようなレベルでさえ、5月頭の時点で知りえていた。この時点から情報を追っているが、宮崎県の孤立無援な戦いに対して政府はまったく対応することなく、また宮崎ローカルを除くとまったく報道もなされなかった。さんざん疫病が蔓延してしまってとりかえしがつかなくなってしまった末、どのタイミングでどのように報道をはじめるのかと注視していたが、案の定、宮崎県叩き、東国原叩き、獣医叩き、農水省の官僚叩きと続けて、政府のとんでもなく怠慢な対応を擁護している。明確に我々の食生活に響いてくるのはもう少し先かも知れないが、これは犯罪といっていいレベルの人災である。これらの騒ぎをみて、どうもグルではないか、なにかがおかしいのではないか、と気づかない人間は、もう今後どうなっても仕方がないのではないか。

このたびの騒ぎだけではないが、現在の政府与党および報道体制は、明確に国益に反する確信犯、テロリスト集団である。目に見えない戦争状態といってもいい。本当は去年の衆議院選挙の前に多くの国民が気がついてしかるべきだったかもしれないが、全報道機関をあげての大キャンペーンの末に、現在のような状況になった。そして、現在起こっている数々の不始末は、当初から想定されていた通りである。これからさらに悪化するはずだ。

しかし現在の状況は、長期的に見ると、必ずしも日本にとってマイナスとはいえないと思う。去年の選挙の時点で民主党が政権をとっていなければ、次の選挙、またその次と攻撃が続き、これまでの繰り返しである。いったん民主党政権になり害を垂れ流し続けて、その害を誰もが知りえる状況になり、これを国民の大多数が徹底的に認識することが長期的に日本が良くなっていくためには必要である。現在の状況は、その流れに沿って動いているように思える。そしてどの時点でほとんどの人が考え直すのか、これが日本人の国民レベルなんだろう。

自分は日本という国は長期的に生き残っていける国だと思っているから、現在のような試練、短期的な大損害は仕方がないことだと考えているが、先に書いたように、ある程度の時点で気がつけない人間がある程度残ってしまうことはもう仕方ないのではないか。たとえば、テレビの特集でやたらと持ち上げられていた市場に投資して大損をする、テレビの特集でやたらと宣伝している旅行先で突然戦争が起こって命を落とす等、さまざまなことが考えられる。これらは現在の状況下においてはアンテナを張っていれば比較的容易に危険を避けられることである。国の借金がいくらで国民一人当たりいくら、とか、ギリシャがコケたから日本国も危ない、とか、低レベルな報道も相変わらずなされている。

どのように判断してどのように行動するのか、すべて自己責任である。そして、目に見えない戦争状態といえる現在の状況下においては、結果はシビアにわかれるだろう。
posted by at 08:02| Comment(3) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

エエ写真があった


そういえば4年前のDr撮影のエエ写真があった。

DSC_4670.jpg

posted by at 00:50| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

iPadの説明するけぇ、よう聞きんさい。

話題沸騰中のため転載、こりゃ笑える!



どこの方言もそうだと思うけど、広島弁も数キロ離れただけでちょっとずつ違っていて、この人のしゃべりはウチのほうとはちょっと違う。が、これほどちゃんとした広島弁でiPadの説明が聞けると、かなり楽しい。昨日は要らんと書いたが、これ聞くと欲しくなってきたかも。
posted by at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

eMac


2002年製の「G4」eMacを引退させて1年半、ふたたび音楽再生用として働いてもらうことに。

100512.jpg

700MHzの古いやつだが、異常に遅いといったことはなく、ちょっとモッサリ程度で問題なく動く。OSXは安定しており、ずっと再起動しなくても不安定にならない。毎日スリープにするだけ。すばらしい。念のため数千円投資してメモリを500MB→1GBにしておいた。

ところでiPadだが、ただデカくなっただけで中途半端であまり興味が出ないなあ。老眼になったらありがたいのかもしれん。それよりも、iPhoneの次期版のほうが待ち遠しい。PC並みにサクサクのiPhoneとか、これはヤバい。

posted by at 12:21| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月11日

マークアレン

徐々に通常モードにしないといけない。藤原さんブログによると、今年の皆生には、ゲストでマークアレンがくるそうです。これは興奮してしまう。自分の人生で、もっとも憧れている人の一人といえます。

100511.jpg

それはそうと、ヘアスタイルアンケート、重複投票できないように設定していたのですが、現時点で有効回答数61、一方がもう一方に対してダブルスコアとなっています。ぼくの両方のヘアスタイルを知る人が本当に61名もいるのか、はなはだ疑問、家と会社で一票ずつとかやったヤツがいると思うのですが。この結果には自分は納得できないので、無視することにします(笑


posted by at 23:26| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

菓子パンさん


佐方パーキングに車を停めて、相棒と極楽寺山へ。ぼんやり、いろいろな出来事を思い出しながら。よくわからないが、たぶん一緒だったような感じがした。頂上で菓子パンを食って、寺にお参りして帰った。

100502.jpg

posted by at 19:01| Comment(4) | TrackBack(0) | トレーニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。